健康

世界は「ワクチンアパルトヘイト」の危険にさらされている、とWHOのチーフTedrosGhebreyesusは述べています。 世界のニュース

パリ:月曜日(5月17日)、世界保健機関(WHO)のテドロスアダノムゲブレイエス事務局長は、高所得国と低中低国の間のワクチン接種のギャップを強調し、世界は「ワクチンアパルトヘイト」のリスクにさらされていると述べました。 。

パリ平和フォーラムの春季会合で、ゲブレイエス氏は「世界はワクチンアパルトヘイトの危険にさらされているだけでなく、世界はワクチンアパルトヘイトに陥っている」と述べた。

「ご存知のように、高所得国は世界人口の15%を占めていますが、世界のワクチンの45%を占めています。低中国と低中国は世界人口のほぼ半分を占めていますが、世界のワクチンのわずか17パーセント。したがって、ギャップは本当に大きい」と彼はさらに述べた。

WHOの責任者はさらに、少なくとも6,300万回分のワクチンが124の国と経済に出荷されたが、それらの国の合計人口の0.5パーセントに過ぎないと強調した。

彼はまた、ワクチンの不公平の基本的な問題は共有の欠如であり、COVID-19ツール(ACT)アクセラレータへのアクセスに十分な資金を提供するための財源を共有し、COVAXと用量を共有し、スケールアップするための技術を共有することで解決できると述べました。ワクチンの製造。

「現在でも、一部の高所得国は子供や青年に予防接種を行うように動いていますが、世界中の医療従事者、高齢者、その他の危険にさらされているグループは予防接種を受けていません」とゲブレイエス氏は述べています。

以前、米国大統領ジョー・バイデンは月曜日(5月17日)に、米国が今後6週間で8000万回のワクチン投与量を世界で共有すると発表しました。これは、他の国がこれまでに共有したワクチンの5倍であり、 6月末までに国。

バイデン氏は演説の中で、「今日、私たちは世界を助けるためにさらなる一歩を踏み出している。世界的に発生しているパンデミックが制御されるまで、アメリカが完全に安全になることは決してないだろう。十分な広さの海はない。私たちを安全に保つのに十分な高さの壁。」

生放送

Back to top button