健康

世界のCOVID-19による死亡者数は300万人を超え、インドは米国に次いで2番目に被害が大きかった国です。 世界のニュース

ワシントン:ジョンズホプキンス大学によると、世界全体のCovid-19の症例数は、1億4,060万人を超えましたが、死亡者数は300万人を超えました。

日曜日の朝の最新の更新で、大学のシステム科学工学センター(CSSE)は、現在の世界の症例数と死亡者数がそれぞれ140,433,831と3,008,043であることを明らかにしました。

CSSEによると、米国は世界で最も被害が大きかった国であり、それぞれ31,627,701人と566,893人である。

感染症に関しては、インドが14,526,609件で2位に続いています。

コロナウイルスの症例が200万件以上確認されている他の国は、ブラジル(13,900,091)、フランス(5,321,176)、ロシア(4,640,537)、英国(4,401,176)、トルコ(4,212,645)、イタリア(3,857,443)、スペイン(3,407,283)、ドイツ( 3,139,683)、アルゼンチン(2,677,747)、ポーランド(2,675,874)、コロンビア(2,636,076)、メキシコ(2,299,939)、イラン(2,215,445)、CSSEの数値が示しています。

死亡者数では、ブラジルが371,678人の死者で2番目になっています。

死者数が50,000人を超える国は、メキシコ(211,693)、インド(175,649)、英国(127,508)、イタリア(116,676)、ロシア(103,451)、フランス(100,563)、ドイツ(79,910)、スペイン(76,981)、コロンビア(67,931)、イラン(66,327)、ポーランド(61,825)、アルゼンチン(59,164)、ペルー(56,454)、南アフリカ(53,711)。

Back to top button