健康

ワクチン耐性について新しいCOVID-19バリアントB.1.621または「Mu」を監視するWHO | 世界のニュース

ニューデリー:新しいCOVID-19変異株が出現する中、世界保健機関(WHO)は、ワクチン耐性の対象変異株(VOI)として分類されている新しい菌株Muを監視していると述べました。

IANSの報告によると、COVID-19株B.1.621または「Mu」は2021年1月にコロンビアで最初に検出されました。それ以来、南アメリカとヨーロッパの多くのCOVID-19サンプルがMu変異体に感染していることがわかりました。 2021年8月30日、B.1.621は対象の亜種としてラベル付けされ、WHOはそれを「Mu」と名付けました。

「Muバリアントには、免疫回避の潜在的な特性を示す一連の変異があります。ウイルス進化ワーキンググループに提出された予備データは、ベータバリアントで見られたものと同様の回復力とワクチン血清の中和能力の低下を示していますが、これはさらなる研究によって確認される」と語った。WHOは火曜日(8月31日)の毎週の疫学アップデートで述べた。

国連保健機関は、シーケンスされた症例におけるMu変異体の世界的な有病率は現在0.1%未満に低下しているが、コロンビア(39%)とエクアドルでは13%)、この新しいCOVID-19変異体の有病率は一貫して増加していると述べた。

「南米におけるMu変異体の疫学、特にDelta変異体の共循環は、変化がないか監視されるだろう」とWHOは述べた。

WHOによると、Mu変異体にはいくつかの変異があり、ベータコロナウイルス変異体と同様にワクチンに対する耐性が高い可能性があります。

8月29日までに、39か国から4,500を超えるシーケンス(B.1.621の3,794シーケンスとB.1.621.1の856シーケンス)がオープンアクセスデータベースGISAID(鳥インフルエンザデータ共有のグローバルイニシアチブ)にアップロードされました。

これまでに世界でいくつかのCOVID-19バリアントが検出されており、致命的なデルタバリアントが第2波の間にインドで大混乱を引き起こしています。 現在、WHOが懸念しているのは、アルファ、ベータ、デルタのバリアントを含む4つのバリアントがあります。IANSは報告しました。

(IANS入力あり)

Back to top button