健康

ユニセフはG7諸国に「緊急」物資をワクチン共有計画に寄付するよう要請します| 世界のニュース

ジュネーブ:月曜日(5月17日)のユニセフの長は、インドのワクチン輸出の混乱によって引き起こされた深刻な不足に対処する緊急措置として、G7諸国にCOVAXワクチン共有スキームに物資を寄付するよう要請しました。

インドは、COVAXに誓約されていたセラムインスティテュートが製造したアストラゼネカワクチンの輸出を抑制し、大規模な第2の感染波と戦うために使用しました。

COVAXを通じてコロナウイルスワクチンの供給を担当している国連機関のユニセフは、5月末までに1億4000万回、6月末までに約1億9000万回の供給不足を見積もっています。

ユニセフのヘンリエッタフォア事務局長は、「すぐに利用できる過剰線量を共有することは、最小限の、不可欠で緊急の一時停止措置であり、今すぐ必要である」と述べ、脆弱な国が次の世界的なホットスポットになるのを防ぐのに役立つ可能性があると付け加えた。

G7の指導者たちが来月英国で会う準備をしているとき、世界保健機関の長は先週、ワクチンの不公平の「道徳的大惨事」を非難し、裕福な国々に、重度の病気にかかりにくい子供たちにワクチンを使用するのではなく、寄付するよう促した。

ユニセフのフォア氏は、科学情報分析会社のエアフィニティからの新しい研究を引用して、6月、7月、8月に利用可能な供給の20%しか共有しなかった場合、G7諸国は約1億5300万回分を寄付できると述べた。

これは、彼ら自身の集団にワクチン接種するという約束を果たしながら行うことができると彼女はさらに詳細を提供することなく言った。

WHOとGAVIワクチンアライアンスが共同で運営しているCOVAXは、アストラゼネカの接種に大きく依存しています。アストラゼネカは、今年20億回の接種を目指しているため、早期展開が予定されているワクチンの大部分を占めています。

ユニセフは、インド国外の他の製造制限もCOVAX用量の供給を遅らせたが、それらの遅れは6月末までに解決されると予想されていると述べた。

生放送

Back to top button