健康

マグニチュード6.6の地震が日本北東部を襲い、津波警報は発令されなかった| 世界のニュース

東京:津波警報は出されなかったが、土曜日に予備的なマグニチュード6.6の地震が東北日本を襲い、東京の首都の建物を揺さぶり、地滑りの可能性を高めた。

気象庁によると、地震は宮城県北東部の沖合で深さ60キロメートル(37マイル)で発生した。 地滑りの可能性について警告した。 怪我の即時の報告はありませんでした。

約400キロ離れた首都東京でビルが揺れ、公共放送のNHKが北東部の仙台市でビルが激しく揺れている映像を放映した。

10年前に東北地方で大地震が発生し、壊滅的な被害を受けた福島第一原子力発電所では、オペレーターの東京電力は問題はないと述べた。 同様に、すぐ南にある福島第二原子力発電所でも問題はありませんでした。

オペレーターの東北電力によると、震源地に近い女川原子力発電所では問題はなかったという。

東日本旅客鉄道の代表者によると、新幹線は乗客や列車の点検が行われたため、運行を再開する予定はなく、停車した。

日本北東部の海岸は、3月のマグニチュード7.2の地震と、2月の同様の規模の地震を含む、ここ数ヶ月の複数の地震に見舞われました。 2011年のマグニチュード9の地震は、記録上最も強い地震の1つでした。

日本最大の精製会社であるENEOSホールディングスは、震源地の近くにある仙台製油所が地震の発生に伴い自動的に閉鎖されたと語った。 エンジニアは怪我がないことを確認した後、チェックを行っていたという。

145,000 bpdの製油所は、2月の地震で被害を受けた後、4月に再開されました。 その地震は日本の精製能力の5分の1をノックアウトしました

Back to top button