健康

ボツワナのジュワネン鉱山で発掘された世界第3位のダイヤモンド| 世界のニュース

ハボローネ:世界最大のダイヤモンドの1つがボツワナで発掘された、と国の政府は言いました。

CNNは、水曜日(6月16日)に、これまでに見つかった3番目に大きい「宝石品質」のダイヤモンドであると考えられている1,098カラットの石がモクウィツィマシシ大統領に贈られたと報告しました。

発見は今月初め、国の首都ハボローネから約75マイル離れたジュワネン鉱山で行われました。

国の公式ウェブサイトによると、鉱山はボツワナ政府とデビアスグループが共同所有するダイヤモンド会社であるデブスワナによって運営されています。

「ダイヤモンドからの収益は、国の国家開発を促進するために使用されます」と南アフリカの国政府はツイートしました。

「デブスワナは、この最新の発見を変曲点として使用する必要があります。鉱山がその技術を使用して、これらの大規模な発見をさらに実現するためです」と付け加えました。

デブスワナによると、1982年に正式に開設されたジュワネン鉱山は、通常、年間1,250万から1,500万カラットのダイヤモンドを産出します。 政府によると、今月の発見は、1967年にボツワナでダイヤモンドが最初に発見されて以来、同社が発掘した最大の宝石です。

現在、これまでに記録された最大のダイヤモンドは、1905年に南アフリカで発見された3,106カラットのカリナンダイヤモンドです。

その後、カリナンは小さな石に切り分けられ、その一部は英国王室の戴冠宝器の一部を形成しました。

2番目に大きな発見は、2015年にボツワナのカロウェ鉱山でカナダの企業ルカラダイヤモンドが発見した1,109カラットの石であるレセディラロナであると考えられています。ダイヤモンドは高級宝石商グラフに2年間で5,300万ドルで売却されました。後で。

また読む:奇妙な:スペイン人男性が母親を殺して食べ、警察はタッパーウェアの箱に犠牲者の遺体を発見

生放送

Back to top button