健康

ファイザー、12 歳未満の子供の COVID-19 ワクチン検査を拡大し、4,500 人以上の子供を登録 | 世界のニュース

ニューデリー: 火曜日 (2021 年 6 月 8 日) にファイザーは、12 歳未満の子供を対象とした COVID-19 ワクチンのテストを拡大していると発表しました。 ファイザーは、健康な子供を対象とした COVID-19 ワクチンの継続的研究のフェーズ 2/3 の一部を開始していると述べました。

「これは、5 ~ 11 歳のこのグループのワクチンの安全性と免疫原性を理解するためのデータを収集するための次のステップです」とファイザー氏は述べています。

このアメリカの会社は、子供を対象としたフェーズ1/2/3の用量漸増試験では、3つの年齢グループで、2回の投与スケジュール(約21日間隔)でのファイザー-バイオNTech COVID-19ワクチンの耐容性を評価すると述べました。

1) 5 歳から 11 歳までの子供。

2) 2 年から 5 年。

3) 6ヶ月から2年。

ファイザーは、米国、フィンランド、ポーランド、スペインの 90 以上の臨床試験施設で 4,500 人以上の子供 (6 か月から 11 歳まで) を登録します。

「許容可能な安全性プロファイルが確立された後、生後6か月未満の子供はその後評価される可能性があります」とファイザーは述べた.

彼らは、「15歳未満の子供は世界人口の26%を占めています。ワクチンがその人口で効果的であることが証明されれば、子供たちのワクチン接種に成功すると、COVID-19からの保護に貢献すると信じています。」

報告によると、5 歳から 11 歳までの子供は、それぞれ 10 マイクログラムのワクチンを 2 回接種します。これは、10 代および成人の 3 分の 1 の量です。 一方、生後 6 か月の子供には、1 回のショットあたり 3 マイクログラムの低用量が投与されます。

これは、ファイザーとそのドイツのパートナーである BioNTech によって作成されたワクチンは、米国と欧州連合で 12 歳以上の誰でも緊急使用することが既に承認されていることに注意してください。

Back to top button