健康

パラリンピック2021の中で、東京は2,909件のCOVID症例を報告| 世界のニュース

東京:日本の首都東京は火曜日(8月31日)に2,909件の新しいCOVID 19の症例を報告し、市内で進行中の2021年のパラリンピックの試合の中で、8月の市内の合計は1,25,000件になりました。 これは先月記録された感染数のほぼ3倍であると共同通信は首都政府を引用して報じた。

日本は全国で17,713件の症例を記録しています。 「重度の症状を示すコロナウイルス患者の数は前日から35人増加して2,110人になり、19日連続で過去最高を記録した」と保健省は述べた。 国は致命的なウイルスのデルタ変異体と戦ってきており、医療制度は最先端の危機に瀕しています。

日本政府が金曜日にCOVID-19ワクチンの追加調達のために2021年の財政準備金から130億米ドルを割り当てることを決定した後、開発は来た、とフェナは報告しました。 菅義偉首相が記者会見で、コロナウイルスを治療するのに十分なワクチンや薬を提供するなどの「緊急の課題」に政府が対応すると発表した2日後に予算措置がとられた。

予防接種の過程で他の先進国に遅れをとっている日本は、10月から11月までの期間にワクチンを接種できる人と接種したい人すべてに予防接種をしようとしていると菅氏は語った。

生放送

Back to top button