健康

パキスタンは、COVID-19ウイルスとの戦いを支援するために、インドに支援、救援物資を提供しています。 インドのニュース

ニューデリー:パキスタンは、COVID-19の致命的な波と戦うために、人工呼吸器を含む救援支援をインドに提供することを申し出ており、両国はパンデミックによってもたらされる課題を軽減するためのさらなる協力の可能な方法を模索できると述べた。

外務省は土曜日の夜遅くの声明で、パキスタンはモダリティが決まったらすぐに特定のアイテムを送る準備ができていると述べた、と通信社PTIは報じた。

「COVID-19の現在の波を受けて、インドの人々との連帯のジェスチャーとして、パキスタンは、人工呼吸器、Bi PAP、デジタルX線装置、PPEおよび関連アイテムを含むインドに救援支援を提供することを申し出ました。」声明に。

パキスタンとインドの関係当局は、救援物資を迅速に配達するための方法を考案できると述べた。 「彼ら(当局)はまた、パンデミックによってもたらされる課題を軽減するためのさらなる協力の可能な方法を模索することができます」とそれは言いました。

この申し出は、イムラン・カーン首相が、パンデミックの致命的な波と戦うインドの人々との連帯を表明し、「人類が直面するこの世界的な課題と一緒に戦わなければならない」と述べた後に行われました。

カーン氏はツイートの中で、「迅速な回復を祈る私たちの祈りは、私たちの近所や世界でパンデミックに苦しんでいるすべての人々に向けられています」と述べています。

「COVID-19の危険な波と戦うインドの人々との連帯を表明したいと思います。 人類が直面するこの世界的な課題と一緒に戦わなければなりません」と彼はツイッターで述べた。

政治指導者、スポーツの有名人を含む数人のパキスタン人は、インドの人々に祈りと良い願いを捧げるためにツイッターを利用しました。

インドを支援する#pakistanstandwithindiaのようなハッシュタグがトレンドになり、twitteratisは、困難な時期にパキスタンとインドが一緒になるというアイデアを注ぎ込みました。 元クリケット選手のショアイブ・アクタールは、お互いをサポートする時が来たと言いました。

生放送

Back to top button