パキスタンにおける宗教の自由の悲惨な状況:国際宗教の自由に関する米国委員会| 世界のニュース

ワシントン:米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)が発表した報告書によると、パキスタンの宗教の自由の状況は、政府が冒とく法と反アフマディー教法を体系的に施行したため、悪化し続けています。

USCIRFは水曜日(4月21日)に、2020年の進展を文書化した2021年年次報告書を発表しました。俳優。

標的殺害、冒涜事件、強制改宗、宗教的マイノリティを標的としたヘイトスピーチが急増した」と述べ、USCIRFは、パキスタンの宗教的マイノリティの扱いは、その扱いのプリズムを通して最もよく評価されると述べた。イスラム教徒としての彼らの信念と自己認識のために厳しい公的および社会的迫害に直面し続けているAhmadiyyaコミュニティの。」

この年、アフマディー教徒の標的殺害が急増しました。 7月から11月の間に、7月に法廷で射殺された冒涜で告発されたアメリカ市民である57歳のTahir Naseemを含む、5人のアフマディー教徒が殺害された。

「5月、政府は2014年の最高裁判所の判決で要求されたNational Minorities Commission(NMC)を結成したが、アフマディー教徒は除外された」と報告書は述べた。

さらに、冒とく法や反アフマディーヤ法などのパキスタンの宗教的に差別的な法律が、新しいメディア規則と組み合わせて使用​​され、ひどい人権侵害に寄与し、しばしば暴力につながる宗教的少数派に対する不寛容の全体的な雰囲気を助長したと述べた。と差別。

8月には、40を超える冒とく的な最初の事件報告(FIR)が登録され、主にムハッラムの月のシーア派の少数派を対象とした。 報告によると、2020年には、冒とく罪でパキスタンで投獄された死刑囚7人を含む30人のキリスト教徒がいた。

報告書はまた、拉致、イスラム教への強制改宗、レイプ、強制結婚の問題が、特にヒンズー教とキリスト教の信仰から、宗教的少数派の女性と子供たちにとって差し迫った脅威であり続けていることを強調した。

「パキスタンの裁判所は、被害者を保護し、正義を提供することに体系的に失敗しました。被害者は、自分自身と家族をさらなる危害から保護するために自発的に改宗したことを証言することを余儀なくされています。4月、14歳のクリスチャン女子高生であるMyraShahbazが拉致されました。マイラが警察に薬物を投与され、レイプされ、後に彼女の誘拐犯が19歳で自発的に結婚して改宗したと主張する書類に署名することを余儀なくされたと告げたにもかかわらず、裁判所は彼女を誘拐犯に戻すよう命じた」と述べた。 。

米国政府に対する最新の米国権利委員会の勧告によると、「冒とく法と反アフマディーヤ法を廃止する。廃止が完了するまで、冒とくを救済可能な犯罪にするための改革を制定し、告発者による証拠を要求し、警察高官は、当局が根拠のない告発を却下することを許可し、偽証罪および虚偽の告発を犯罪とする既存の刑法の条項を執行する。」 「冒とく的な囚人や、自分たちの宗教や信念のために投獄された他の個人を釈放する」と付け加えた。

2021年の年次報告書はまた、自警行為による暴力、標的を絞った殺害、強制改宗、およびその他のヘイトクライムを扇動または参加する責任ある個人を保持することを推奨しています。

「特定の宗教の自由の侵害を理由に、これらの個人の資産を凍結したり、人権関連の金融およびビザ当局の下で米国への入国を禁止したりすることにより、宗教の自由の深刻な違反に責任のあるパキスタンの政府機関および当局に的を絞った制裁を課す。」レポートが推奨されます。

生放送

Exit mobile version