健康

バングラデシュでボートが転覆したため、24人以上のロヒンギャ難民が溺死することを恐れた| 世界のニュース

ダッカ:ベンガル湾で彼らを乗せたボートが転覆した後、20人以上のロヒンギャ難民が行方不明になり、溺死する恐れがあると国連とバングラデシュの警察は日曜日に述べた。

難民たちは明らかにバングラデシュの離島から逃げようとしていた。 以前はミャンマーとの国境近くの混雑したキャンプに住んでいた後、数千人のロヒンギャが島に移されました。

移転は国連と人権団体から批判されており、島は居住に適していないという。

島はかつてモンスーンの雨で定期的に水没していましたが、政府は現在、防潮堤、病院、学校、モスクが装備されていると述べています。

「8月14日の朝、数十人のロヒンギャ難民を乗せたボートが一晩でバサンチャー島の近くで転覆したとUNHCRに警告された」と国連難民機関はFacebookの投稿で述べた。

「伝えられるところによると、女性や子供を含む多くの乗客が悲劇的に溺死したことに私たちは打ちのめされています。 確認された数はまだ知られていない」と述べた。

島のあるノアーカーリ地区の警察官はAP通信に電話で、女性と子供を含む約40人の難民が漁船に乗っていたが、悪天候で沈没したと語った。

問題の敏感さのために匿名の条件で話して、当局者は難民が「明らかに島から逃げている」と言いました。

当局者は、少なくとも14人の難民が漁師によって救助され、島に連れ戻されたと述べた。

国連が地元のバングラデシュの漁師を支援して最初に現場に到着し、当局に警告した。

「捜索救助活動は当局、特にバングラデシュ海軍と沿岸警備隊が主導している」と述べた。

「私たちは現時点でバングラデシュ政府にさらなる情報を求めており、さらなる救援活動において当局を支援するために、バサンチャーとコックスバザールの両方で難民コミュニティと連絡を取り続けています」と同庁は述べた。

隣接するミャンマーから110万人以上のロヒンギャ難民を保護してきたシェイクハシナ首相の政府は、コックスバザール地区の広大なキャンプから約2万人の難民を島に移しました。

ノアーカーリ地区の島は、バングラデシュの海軍によって約10万人の難民を収容するために開発されました。 当局は以前、段階的に島に移すと述べた。

仏教徒が多数を占めるミャンマーの軍隊が武装勢力による攻撃を受けてイスラム教徒の民族グループに対する厳しい取り締まりを開始した2017年8月以来、70万人以上のロヒンギャがバングラデシュの難民キャンプに逃げてきました。 彼らは、何十年にもわたってバングラデシュに逃げてきた何十万人もの人々に加わっ​​た。

2017年の取り締まりには、レイプ、殺害、数千戸の家屋の焼却が含まれ、世界の権利団体と国連によって民族浄化と呼ばれていました。バングラデシュとミャンマーは本国送還の手配を模索していましたが、ロヒンギャは恐れすぎて家に帰ることができません。

Back to top button