健康

ネパールはCOVID-19症例の急増の中で国際線と国内線を禁止します| 世界のニュース

カトマンズ:日曜日(5月2日)のネパールは、COVID-19の症例が急増する中、月曜日(5月3日)の深夜からすべての国内線と水曜日(5月5日)の深夜から5月14日までのすべての国際線を禁止しました。

「飛行制限に関する決定は5月14日まで行われている」とHridayeshTripathi保健相はカトマンズポストに語った。 「ただし、チャーター便は許可されます。」ネパールはまた、国内に到着するすべての人に検疫を義務付けています。

カトマンズ渓谷に飛んでいる外国人は、到着時にホテルで10日間の強制検疫の対象となります。

ネパールへの入国には、出身国を出発する前の72時間以内に得られた陰性のポリメラーゼ連鎖反応試験結果が必要です。 カトマンズポスト紙によると、バスサービスは木曜日(4月29日)から停止されています。

内閣の決定の前に、国の民間航空規制当局であるネパール民間航空局は、航空会社にフライト数を制限するための固定割り当てシステムを導入することを決定しました。

ブッダエアーのマネージングディレクターであるビレンドラバハドゥールバスネット氏はカトマンズポスト紙に、「国全体が封鎖されており、2週間のサーキットブレーカーは賢明な決断だ」と語った。

「今行動しなければ後悔する」4月29日、ネパールはカトマンズ渓谷の3つの地区、カトマンズ、バクタプル、ラリトプルがパンデミックの影響を最も受けているため、カトマンズ渓谷で2週間の禁止命令を施行した。カトマンズポストは、1日の症例数について報告しました。

カトマンズのトリブバン国際空港の統計によると、国内航空会社は、カトマンズ渓谷で禁止命令が発効する前日の4月28日に、人々がスクランブルをかけたまま、1日で15,263人の乗客数を記録しました。首都。

しかし、乗客数は徐々に減少し始め、日曜日(5月2日)には7,225人になりました。

ネパールは日曜日(5月2日)に、昨年1月のパンデミックの開始以来、コロナウイルスの症例が1日で最も急増したと報告しました。

国は、ポリメラーゼ連鎖反応検査で7,137の新しい症例を記録し、抗原検査で74の新しい症例を記録しました。 COVID-19関連の合併症による27人の新たな死亡者があり、死者数は3,325人に達しています。

全国の感染数は3,36,030に達し、活動中の症例数は48,711に達しています。 カトマンズポスト紙によると、日曜日以前の1日の症例数が最も多かったのは、昨年10月21日で、国が1日に5,743個のCOVID-19感染を報告したときでした。

生放送

Back to top button