健康

ネパールは日本からアストラゼネカワクチンを受け取り、今日到着するジャブの2番目のバッチ| 世界のニュース

カトマンズ:ネパールは日本からアストラゼネカCOVID-19ワクチンの最初のバッチを受け取りました、と地元メディアの報道は言いました。

日本のカトマンズ菊田豊駐在特使は、ネパールのトリブバン国際空港にあるウメーシュ・シュレスタ保健人口大臣に5,13,​​420個のワクチンを手渡した。

日曜日の夜、ワクチンの2番目のバッチがカトマンズに到着します。 残りの半分の線量はすぐに国にもたらされるであろう、とヒマラヤンタイムスはネパールの外務省が言ったと引用して報告した。

ワクチン共有スキームCOVAXを通じて、日本はカトマンズに約160万回分のコロナウイルスワクチンを提供することを約束しました。

「ネパールは、COVAXを通じてネパールに命を救うワクチンを寛大に提供してくれた日本に感謝します。これらの日本製のAstraZeneca COVIDワクチンは、このグループのワクチンのセカンドショットを待っている高齢者に投与されます」と国の外国人総務省は土曜日のプレスリリースで述べた。

土曜日に、国は過去24時間に2,231の新しい感染を報告し、症例の総数は7,12,740に達した。

ネパールはこれまでに全国で68,02,415人近くにワクチンを接種してきました。

生放送

Back to top button