健康

ネパールでは大雨が大混乱を引き起こし、少なくとも16人が死亡、22人が行方不明| 世界のニュース

カトマンズ:日曜日以降、ネパールで洪水と地滑りが発生し、モンスーンの雨がヒマラヤ諸国に大混乱をもたらしたため、少なくとも16人が死亡し、22人が行方不明になっています。

内務省は、3人の外国人を含む16人が命を落とした半ダース以上の地区でモンスーンの雨によって引き起こされた騒乱を記録しました。

「私たちはまだ構造物や財産の被害についての報告を受けていません。政府は現在、被災者の捜索、救助、救援物資の提供に注力しています。過去1週間で、日曜日から16人の死者、22人が記録されました。全国の地滑りと洪水事件で行方不明と11件の負傷者の報告」と同省のスポークスマンであるJanakrajDahalはANIに語った。

#WATCH | ネパール:鉄砲水がマナンとシンドゥパルチョークに大混乱をもたらしました。 これまでに少なくとも16人が死亡し、22人が行方不明になっています。

(ビデオソース:ネパール陸軍)pic.twitter.com/KjitbMKKSP

— ANI(@ANI)2021年6月19日

同省によると、シンドゥパルチョーク地区とマナン地区は、人命と構造の面で被害を記録しています。 土曜日の朝まで、ラムジュン、ミャグディ、ムスタング、マナン、パルパ、カリコット、ジュムラ、ダイレク、バージュラ、バジャーン、およびシンドゥパルチョーク地区が洪水と地滑りにより最も影響を受けた地域でした。

ネパールでは、モンスーンの時期に地滑りと洪水により毎年数百人が死亡しています。 全国的に降雨が続く中、さまざまな地方自治体が通知を出し、人々に安全を守るよう警告しています。 金曜日の夜遅く、ドラカの別の丘陵地帯は、鉄砲水の可能性について玉越川の近くに住む人々に警告するリリースを発行しました。

ドラカの地方行政局(DAO)は金曜日の夜に記者会見を行い、「ネパールと中国の国境にあるティンリ県のロンシア市で大雨が降った後の地滑りにより、川の流れが妨げられ、目撃する可能性が高い」と述べた。いつでも玉越川の鉄砲水。」

ネパールと中国の国境にある絨毅市での大雨は、玉越川での新たな地滑りと鉄砲水の恐れを引き起こしました。 DAOはまた、玉越川岸とネパールと中国の国境地帯に住む人々に警戒を怠らず、高台に移動するよう促した。

以前、ネパールおよび他の南アジア諸国の気象学者は、2021年のモンスーンが昨年より早く到着し、ネパールおよび他のいくつかのアジア諸国が通常から通常以上の降雨を受けると予想していた。 ネパールの気象予報課によると、モンスーンはすでに6月1日からネパールを襲っており、約3ヶ月間続くでしょう。

Back to top button