健康

ドイツの大司教、教会の性的虐待「大惨事」で辞任を提案 | 世界のニュース

ベルリン: ローマ・カトリック教会で最も影響力のあるリベラル派の一人であるドイツのラインハルト・マルクス枢機卿は、ミュンヘン大司教を辞任することを申し出た.

教皇フランシスコがまだ受け入れていない彼の申し出は、ドイツの信者の間で虐待をめぐる騒動に続いています。 先週、ローマ法王は、ドイツ最大のケルン大司教区の虐待事件の取り扱いについて調査するために、2人の上級外国司教を派遣した.

マルクスはローマ法王に宛てた書簡で、「過去数十年にわたる教会当局者による性的虐待の破局について、責任を共有しなければならない」と述べた. 彼は、彼の出発が新しい始まりのためのスペースを作ることを望んでいると言いました。

マルクスは、虐待や隠蔽に参加した疑いは持たないが、後に記者団に対し、教会員は制度上の失敗に対して個人的な責任を負わなければならないと語った.

大司教区から法律事務所に委託された、歴史的な虐待の申し立てを調査するための独立した調査がまもなく報告される予定です。

ケルン大司教であるライナー・マリア・ウォルキ枢機卿は、最近、彼の大司教区での過去の虐待に関する同様の外部調査で釈放されました。

評論家の一人、宗教学者トーマス・シュレルは、マルクスの言葉を、辞任していないウォルキへの非難と解釈した。

「法的な評価の陰に隠れており、教会における性的暴力の体系的な原因に大胆な改革で取り組む準備ができていない人々について話すとき、彼はウォルキ枢機卿に直接異議を唱えています」と彼はDer Spiegelに語った.

マルクスは、教会の運営や、司教の任命、性道徳、聖職者の独身制、女性の任命などの問題において、一般のカトリック教徒により多くの影響力を与えることを目的とした運動である「シナダル・パス」の支持者です。

保守派は、分裂につながる可能性があるとして、この概念を攻撃している。

昨年までドイツ・カトリック教会の首長を務めていたマルクス(67)は記者団に対し、手紙を5月21日に送ったが、ローマ法王から電子メールで公表できるとの連絡があったと語った。

ここ数年、脱退が加速しており、リベラルな信者が教会を辞めるようケルンで列をなし、虐待だけでなく同性愛に対する保守的な態度にも抗議している.

ドイツの教会は世界的に大きな影響力を持っていますが、その一因はその富によるものです: 会員が支払い、政府が徴収する税金により、ドイツの教会は世界で最も裕福な国になっています。

マルクスが好きであることが知られている法王は、通常、司教の辞任を受け入れるかどうかを決定する前に、場合によっては数か月待つ.

マルクスは教皇に、命じられたいかなる立場においても教会に仕えることを続けると告げた。

Back to top button