健康

トルコの鉄砲水で77人が死亡、家や橋が破壊され、数十人が行方不明| 世界のニュース

アンカラ:救助隊は月曜日、トルコの黒海沿岸の一部を壊滅させた深刻な洪水からより多くの遺体を回収し、77人の死者を出したと当局者は述べた。

8月11日、豪雨が黒海北西部を襲い、洪水が発生し、家屋や橋が破壊され、車が流され、多数の道路へのアクセスが遮断されました。

トルコの災害管理機関であるAFADは、カスタモヌ州で少なくとも62人が死亡し、14人がシノプで、1人がバルトゥンで死亡したと述べた。

月曜日の救急隊は、カスタモヌとシノプで行方不明と報告されている数十人の人々を見つける努力を推し進めた。 AFADは、20匹の救助犬に支えられた約8,000人の職員が、救助と支援の取り組みに関与していると述べた。

数十人の人々がヘリコプターによって安全に持ち上げられた洪水の中で、約2,400人が地域全体で避難しました。 多くは学生寮に一時的に収容されています。 AFADによると、約40の村が電力を失っています。 先週、黒海の北海岸に沿った大雨により、1,500人がロシアに避難することを余儀なくされました。

大洪水は、トルコが猛暑に耐えた後、南部の乗組員が国の地中海沿岸を横切って走る山火事を飼いならしていたときに起こりました。

気候科学者は、石炭、石油、天然ガスの燃焼による気候変動が、地球が温暖化するにつれて、熱波、干ばつ、山火事、洪水、嵐などのより極端なイベントを引き起こしていることに疑いの余地はないと言います。

生放送

Back to top button