健康

テロ対策:東京オリンピックのオリンピック会場に飛行禁止区域を設ける日本| 世界のニュース

東京:日本政府は、東京での夏季オリンピック中のテロ対策の一環として、7月21日から9月5日までオリンピック会場に飛行禁止区域を設置すると、運輸省は木曜日(5月6日)に述べた。

同省によると、飛行禁止区域は競技会や式典の開始の2時間前に設置され、その1時間後に解除されるという。

このゾーンは、競技中は会場から半径約3キロメートル(1.8マイル)をカバーし、式典中は国立競技場から半径46キロメートルまで拡張されます。

東京以外で開催されるマラソンなどのオリンピック競技にも同様の対策が適用されます。

ただし、東京国際空港への発着便には影響ありません。

今月初め、日本のメディアは、7月13日から、選手村、ビーチバレーボール競技場、その他のオリンピック施設がある沿岸地域に近い東京港の6つのエリアを避けるように船に助言することを報じた。

海上保安庁によると、このような安全対策は、試合中のテロ攻撃を防ぐことを目的としています。

東京での夏季オリンピックは当初2020年に予定されていましたが、コロナウイルスの大流行の中で昨年の春に延期されました。

ゲームは今年の夏、7月23日から8月8日まで開催されます。COVID-19のため、日本政府は外国人観客なしで東京オリンピックとパラリンピックを開催することを決定しました。

ゲームの主催者によると、オリンピックとパラリンピックのすべての参加者は、日本に出発する前に2つのCOVID-19テストに合格し、到着後最初の3日間は毎日テストを受ける必要があります。

生放送

Back to top button