健康

ツアー中のフランス大統領エマニュエル・マクロンの平手打ち、2人拘束 | 世界のニュース

パリ:フランスのエマニュエル・マクロン大統領が全国ツアーの一環として同国南東部を訪問中に顔を平手打ちした事件で、2人の男が逮捕された。

ヴァランス市の検察当局は、28 歳の男性 2 人がこの事件で逮捕されたと発表し、その写真とビデオはすぐにソーシャル メディアで公開され、地元の BFM ニュース チャンネルでも放送されました。

ヴァランス検察庁によると、逮捕された2人は、公権力を持った人物に対する暴行で警察に拘留された。

CNN系列のBFMが共有した映像には、マクロンが金属製のフェンスに近づき、群衆の中にいる男性の腕を握りしめ、フランスのドローム地域で見物人に挨拶し始めた様子が映っていた。

男は差し出された腕を掴む前に、フランス大統領の左頬を叩きながら、マクロン氏の大統領職に使われる軽蔑的な言葉である「マクローニー」の終わりを叫びながら、フランス大統領の左頬を叩いた。

マクロン氏の保安要員がすぐに介入し、大統領を金属製の障壁から引き離しながら、その男に立ち向かった。

マクロンを平手打ちする直前に、加害者の叫び声も聞こえます。「モンジョワ!サン=ドニ!」 – これは、10 世紀から 18 世紀にかけてフランスを支配したカペー朝の王朝が使用した中世の戦闘の叫びとして使用されました。

エリシー氏は声明の中で、「男は確かに共和国大統領を殴ろうとした。現時点でこれ以上のコメントはない。群衆とのやり取りや握手は再開された。旅行は続く」と述べた。

記者会見で、マクロン氏の最大の政敵である極右のマリーヌ・ルペン氏は、大統領を物理的に攻撃することは「容認できない」と述べた。

「私たちは彼を政治的に攻撃することはできますが、民主主義では彼に対するいかなる暴力も非難されるべきです」と彼女は言った.

これは、フランスの大統領選挙が 1 年足らずで、6 月 20 日と 6 月 27 日の地方選挙までわずか数週間で行われるためです。

一方、マクロン氏は公の場で攻撃された最初のフランスの政治家ではないとCNNが報じた。

2017 年 1 月、当時大統領予備選挙で左翼候補だったマニュエル・ヴァルス前首相は、ブルターニュのランバルを訪れていたときに、治安部隊に圧倒される前に若者に殴られたときに、ブルターニュのランバルを訪れました。

ヴァルスは、フランソワ・オランド大統領の下で 2014 年から 2016 年まで首相を務めました。

また読む: フランスのエマニュエル・マクロン大統領が町を訪れた際に顔を平手打ち、内部のビデオ

Back to top button