スリランカは、政府が中国が支援する港湾都市の土地を100%所有していると述べています。 世界のニュース

コロンボ:コロンボの中国が支援する港湾都市をめぐる論争の中で、スリランカのアリ・サブリー法務大臣は、政府が土地の100%を所有しており、特別金融ゾーンへの投資をもたらすプロジェクトが開始されたと述べました。

サブリー大臣は日曜日(4月18日)のメディアブリーフィングで、投資ゾーンの総面積は269ヘクタール、公共施設は91ヘクタールであり、プロジェクト会社に譲渡することはできないと述べたとコロンボページは報じた。

金融ゾーンの残りの土地のうち、116ヘクタールまたは43%が、2013年にプロジェクトを開始し、港湾都市の開発に14億米ドルを費やしたプロジェクト会社に与えられます。

「しかし、土地の100パーセントはすべて政府によって所有されています。土地が他の誰かに与えられたと言うのは完全に誤りです」とサブリーは言いました。

これは、コロンボ港湾都市を統治する委員会を設立する法案がそれにあまりにも多くの裁量を与え、海外に黒金を隠していないスリランカ人に平等な機会を否定したと野党が主張したためです。

今月初め、スリランカの米国大使であるアレイナ・テプリッツは、中国を指名することなく、コロンボ港湾都市の簡単なビジネスルールを寛容なマネーロンダリングの避難所として悪用しようとする「悪意のある行為者」の意図しない結果について国に警告した。税漏れの懸念。

スリランカは、コロンボ港湾都市委員会の法案を発表しました。これは、抜本的な税控除、非課税の給与を可能にし、オフショア金融センターになることを可能にするものです。

「港湾都市に関連する法律は、その経済的影響について非常に慎重に検討する必要があります」と、テプリッツ氏はコロンボの記者団にオンラインディスカッションで語った。

「そしてもちろん、これらの意図しない結果の中には、マネーロンダラーやその他の種類の悪質なアクターが、実際には違法となる活動に対して寛容なビジネス環境として認識されていたものを利用するための避難所を作る可能性があります。」

港湾都市を運営する機関は、伝統的な意味でのタックスヘイブンではありませんが、最大40年の税金から企業を免除する広範な権限を持っていると次の経済は報告しました。

スリランカの税収は2020年に急落し、債務と財政経路、信用格下げ、そして赤字国営企業を管理しながら国民に重要な公共サービスを提供する政府の能力に対する懸念が高まっています。

生放送

Exit mobile version