健康

スペインは、セウタ移民危機から未成年者を移住させるための支援を求めています| 世界のニュース

セウタ/マドリッド:スペイン政府は水曜日(5月19日)に本土地域に、モロッコから今週約1,500人の子供と10代の若者が渡った北アフリカのセウタ飛び地にある未成年者のための詰め込まれたレセプションセンターを救済するよう求めました。

会談に詳しい筋によると、社会権省はこの問題について緊急会議を開き、最近の急増の前に到着した何百人もの同伴者のいない未成年者を受け入れるよう地方当局に要請した。

アンダルシアやカナリア諸島などの地域のセンターはすでに過密状態であるにもかかわらず、情報筋はロイター通信に対し、「地域は移民危機との連帯を示しており、提案に前向きである」と語った。

ロイターのテレビ映像は、赤十字の職員が食べ物や飲み物を配ったセウタの倉庫で処理されている何百人もの新しく到着したティーンエイジャーを示しました。

月曜日(5月17日)に移民の急増が始まって以来、最も劇的な瞬間のいくつかで、ロイターTVは、13〜14歳の少年がセウタのビーチに泳いでいる様子を示しました。浮揚装置として。

その後、彼は胸壁を登ろうとした後、兵士たちに捕らえられました。兵士たちは、泣いている少年をゲートから両国間の安全地帯に連れて行きました。 後で何が起こったのかはすぐにはわかりませんでした。 スペインでは未成年者の強制送還は違法です。

スペインが過去2日間に泳いだり、国境の柵を乗り越えたりした数千人の追放を迫ったため、数百人の移民が水曜日(5月19日)にセウタへの進路を強制しようと、依然として厳重な警備に勇敢に立ち向かった。

スペインの警察のダイバーは、横断中に数人の小さな子供たちを水から救出し、国境に配置された兵士が若者が上陸するのを手伝っているのを見ることができました。

スペインの社会権大臣IoneBelarreは、セウタにまだいる数千人の移民のうち、多くは子供であり、7〜9歳の子供もいれば、家族がいない人もいると述べた。

「私たちは一人で来た子供たちの問題に取り組むために取り組んでいます」と彼女は放送局TVEに語った。 「彼らの多くは国境を越えた結果を知りませんでした。

そして彼らの多くは戻りたいと思っています。 そのため、私たちはそれを可能にするために取り組んでいます。」

一方、水曜日(5月19日)にセウタを訪れた反移民極右VOX党のリーダーであるサンティアゴ・アバスカルは、モロッコがスペイン国境に対して「破城槌のような未成年者を発射した」と非難した。
生放送

Back to top button