健康

サウジアラビアはタリバンに「イスラム原理」の下で生命を守るよう要請する| 世界のニュース

サウジアラビアは月曜日、アフガニスタンの首都カブールを占領したタリバーンの武装勢力に、「イスラムの原則」で規定されているように、生命、財産、安全を守るために国中を一掃するよう促した。

イスラムの発祥の地であるサウジアラビアの外務省は、公式メディアが発表した声明のなかで、「王国は、アフガニスタンの人々が干渉することなく行う選択を支持している」と述べた。

「イスラムの高貴な原則に基づいて…サウジアラビア王国は、タリバン運動とすべてのアフガニスタンの政党が安全、安定、生命と財産を保護するために働くことを望んでいます。」

また、タリバンを恐れる何千人ものアフガニスタン人がカブール空港を離れようと必死に押し寄せたため、状況ができるだけ早く安定することを期待している。 月曜日の混乱の中で5人が死亡した。

湾岸諸国のカタール人は、アフガニスタンでの平和的な移行を模索しており、国際機関の外交官や外国人スタッフを国から避難させるための努力を支援するために最大限の努力をしていると述べた。

ドーハは2013年以来、和平交渉のためにタリバン事務所を主催しており、米軍の撤退によりアフガニスタンの政治的解決に到達しようとする上で中心的な役割を果たしてきました。 カタールのシェイク・モハメッド・ビン・アブドゥルラフマン・アルタニ外相は、ヨルダンの首都アンマンでの記者会見で、「開発のペースが速いことについて国際的な懸念があり、カタールは、特に空白が発生した後、平和的な移行をもたらすために最大限の努力をしている」と語った。 。

6カ国の湾岸協力会議の現在の議長であるバーレーンは月曜日に、アフガニスタンの状況に関して他の湾岸アラブ諸国との協議を開始すると述べた、と国営メディアが報じた。

生放送

Back to top button