健康

グローバルCOVID-19のケースロードは1億3800万に達し、ジョンズホプキンス大学が明らかに| 世界のニュース

ワシントン:ジョンズホプキンス大学によると、世界全体のCOVID-19の症例数は、1億3,880万人を超えましたが、死亡者数は298万人を超えました。

金曜日の朝(4月16日)の最新の更新で、大学のシステム科学工学センター(CSSE)は、現在の世界の症例数と死亡者数がそれぞれ138,827,781人と2,984,236人であることを明らかにしました。

CSSEによると、米国は世界で最も被害が大きかった国であり、それぞれ31,495,164人と565,283人である。

感染症に関しては、インドが14,074,564件で2位に続いています。

コロナウイルスの症例が200万件以上確認されている他の国は、ブラジル(13,746,681)、フランス(5,248,853)、ロシア(4,622,464)、英国(4,396,008)、トルコ(4,086,957)、イタリア(3,826,156)、スペイン(3,396,685)、ドイツ( 3,095,016)、ポーランド(2,642,242)、アルゼンチン(2,629,156)、コロンビア(2,602,719)、メキシコ(2,295,435)、イラン(2,168,872)、CSSEの数値が示しています。

死亡者数では、ブラジルが365,444人の死者で2番目になっています。

死者数が50,000人を超える国は、メキシコ(211,213)、インド(173,123)、英国(127,437)、イタリア(115,937)、ロシア(102,667)、フランス(100,232)、ドイツ(79,520)、スペイン(76,882)、コロンビア(67,199)、イラン(65,680)、ポーランド(60,612)、アルゼンチン(58,925)、ペルー(55,812)、南アフリカ(53,571)。

生放送

Back to top button