健康

オーストラリアでは、COVID-19の予防接種を受けた市民が海外に旅行し、検疫なしで帰国することを許可しています。 世界のニュース

シドニー:オーストラリアは、COVID-19の完全なワクチン接種を受けた住民が最初に海外に旅行できるように、国境の段階的な再開を検討すると、スコット・モリソン首相は木曜日(4月15日)に述べた。

オーストラリア市民と永住者は、コロナウイルスの制限により国を離れることができません。ただし、帰国する海外旅行者は、自費で2週間ホテルで検疫する必要があります。

「私が思う最初の目標は、予防接種を受けたオーストラリア人が、特に重要な目的のために移動したり旅行したりできるようにすることです」とモリソンはパースのコミュニティフォーラムに語った。

このようなシステムの下で、モリソン氏は、ワクチン接種を受けた人々はビジネスや個人的な緊急事態のために海外に旅行し、帰国後に自宅で検疫することができると述べた。

モリソンはラジオ局6PRパースに個別に語ったところによると、国境の部分的な再開は「まだしばらく先」であり、脆弱な人々が予防接種を受ける前には起こらなかった。 。

オーストラリアは昨年3月に非市民と居住者に対する国境を閉鎖し、他の先進国で見られる高いコロナウイルス数を回避するのに役立った。 それは29,400をわずかに超えるCOVID-19症例と910人の死亡を報告しています。

「トラベルバブル」は、月曜日(4月18日)にオーストラリアとニュージーランドの間で開かれる予定です。これは、パンデミックが発生して以来最初の合意の1つです。

旅行制限のさらなる緩和は、オーストラリアの予防接種の展開のペースに依存する可能性があります。オーストラリアの予防接種の展開は、国際的な供給のパッチと医療アドバイスの変更のために、当初の目標を達成できませんでした。

水曜日の時点で投与された総投与量はわずか136万回で、3月末までに約束された400万回をはるかに下回っています。

木曜日遅く(4月15日)に当局はワクチン接種者の死亡を報告し、死亡と接種の間に何らかの関連があるかどうかを調べるための調査を開始しました。

生放送

Back to top button