健康

インドは土地劣化の中立性を達成するために300万ヘクタールの森林面積を追加します| 世界のニュース

ニューデリー:インドは、土地保全対策に着手した世界的な生態系を回復するために、過去10年間に300万ヘクタールの森林面積を追加し、土地劣化の中立性という国の公約を達成しました。

ナレンドラ・モディ首相は最近、インドは土地劣化の中立への国家的コミットメントを達成するために順調に進んでいると述べました。 彼は国連の基調講演「砂漠化、土地劣化、干ばつに関するハイレベル対話」で発言したとサウジガゼットは報じた。

モディ首相は、「世界人口の約40%に影響を及ぼしており、土地の劣化により、今日、無数の生計が危機に瀕している」と述べた。 彼は、不毛の土地の活性化と持続的な植林への推進力が世界中の多くの人々を驚かせたと述べました。

また読む:地球温暖化は危険なほど渦巻く制御不能に近い、と国連気候変動報告書は述べています

しかし、インド人にとっては、地球は国の文化的伝統の中でそのように呼ばれているので、それは母親に対する子供の義務の遂行にすぎません。

植林がインドに根付いた急速なペースを考えると、2030年までの不毛の土地の若返りの新しい目標は2600万ヘクタールの規模になるとサウジガゼットは報告しました。

このような緩和策は、今後のインドのカーボンニュートラルを確保するプロセスにおいて重要な役割を果たすでしょう。

「そのために、多面的なアプローチがとられてきました。これには、グジャラート州のカッチ地域やラジャスタン州のタールに隣接する地域など、不毛になりやすい地域に焦点を当てることが含まれます。土地の肥沃度を高めることは、植林において非常に効果的な自然の方法であることが証明されました」とモディ首相は付け加えました。

ほとんどの国で、インドのモットーは明確です。社会が次の世代のためにより健康な地球を引き継ぐことができるように、問題に対処する必要性は即時です。

その考えを促進するために、土地劣化の問題に向けた科学的アプローチを促進および分析するためにセンターオブエクセレンスも設立されたと彼は指摘した。

モディ首相によると、さまざまな州が行っている進捗状況をリアルタイムで監視するためのよく考えられた戦略と、そのような政策の実施を改善するための一貫したフィードバックにより、インドは設定された目標を十分に前もって達成できるようになります。排出量に関するパリ気候協定基準に準拠しています。

彼はまた、インドはそれ自身の目標を順守することに加えて、協力の精神で何度も前進したと述べた。

「私たちの聖なる母なる地球に対するそのような価値あるコミットメントのために、インドが土壌を悪用することなく適切に管理するという原則をなんとか支持したことは驚くべきことではありません。実際、土地に対する国家のコミットメントを満たすために軌道に乗っていることは別として。劣化の中立性により、インドは30億トンのCO2換算の追加の炭素吸収源を達成することができた」とモディ首相は述べた。

また読む:極端な海面イベントは今世紀の終わりまでに毎年起こる可能性がある、と新しいIPCCレポートは主張している

生放送

Back to top button