健康

インドは、ミャンマーに対する国連の武器禁止決議を「急いで行動する」と呼びます。 インドのニュース

ニューデリー:金曜日(2021年6月18日)のインドは、ミャンマーの武器禁輸に関する国連総会決議を棄権し、決議を「急いで行動する」と呼びました。 インドは、棄権したロシアと中国を含む36か国の1つでした。 南アジアでは、ネパール、スリランカ、ブータン、バングラデシュ、パキスタンが棄権した。

インドの国連特使であるTSティルムルティ氏は、国連総会で次のように述べています。「近隣諸国すべて、および地域自体のいくつかの国からの支援が不足しているという事実は、選択した人々にとって目を見張るものとなることを願っています。急いで行動すること」。

決議はリヒテンシュタインによって浮き彫りにされ、米国、フランス、英国、ドイツによって支持され、国の大多数はヨーロッパ人でした。 決議に反対票を投じたのはベラルーシだけで、119カ国の支持を得た。

インドの国連特使は、「私たちの見解は、採択を検討している草案に反映されていないことがわかった」と指摘し、「国際社会が努力している間、近隣諸国と地域を巻き込んだ協議的かつ建設的なアプローチは依然として重要である」と繰り返し述べた。問題の平和的解決のために」

2月1日のミャンマーでのクーデター以来、この問題が国連安全保障理事会と総会で何度か議論されているにもかかわらず、国内では暴力のレベルが高まっています。

ティルムルティ特使による演説の中で、彼はミャンマーに対するASEANイニシアチブへのインドの支持を強調し、「法の支配の支持と拘束された指導者の釈放」を求めた。 ASEANの提案は、暴力の停止、対話プロセスの調停のためのASEAN議長の特別使節、人道支援を呼びかけています。

彼は「深い懸念」を表明し、「暴力の使用を強く非難し、最大限の抑制を促した」。 さらに、「ミャンマーの民主主義への道は、インドが着実に支持してきた民主化の過程を前進し続けるべきだと確信している」と述べ、「これを後戻りすることはできない」と述べた。

国のカリスマ的指導者アウンサンスーチーは自宅軟禁されたままであり、軍事指導者によって作成された茶番劇と見なされる訴訟に直面している。

重要なことに、インドはまた、ロヒンギャ難民の本国送還に関する見解を使節とともに述べ、「インドはこの問題を早期に解決する上で最も大きな利害関係を持っている」と述べ、バングラデシュを「その領土で百万人の避難民を受け入れた」と称賛した。

インドは、バングラデシュのミャンマーのラカイン州への「避難民の安全で迅速かつ持続可能な本国送還」を求めた。

生放送

Back to top button