健康

インドでは年間8億5000万回以上の投与量が発生します:DCGIがスプートニクVCOVID-19ワクチンをクリアした後のRDIF | インドのニュース

ニューデリー:インドの麻薬管理局(DCGI)が月曜日(2011年4月12日)にスプートニクV COVID-19ワクチンの緊急使用許可を承認してから数時間後、ロシア直接投資基金(RDIF)は次のことを目指していると発表しました。インドでは年間8億5000万回以上のワクチンを生産しています。

RDIFのCEO、キリル・ドミトリエフ氏は記者会見で、「スプートニクVの8億5000万回以上がインドで毎年生産され、世界中の4億2500万人以上に予防接種を行うのに十分だ」と述べた。

Dmitriev氏は、「ロシアのワクチンの有効性は91.6%であり、主要な医学雑誌The Lancetに掲載されたデータが示すように、COVID-19の重症例に対して完全な防御を提供します」と付け加えました。

RDIFはまた、インドがスプートニクVを承認する60番目の国になり、ロシアのワクチンを登録するのに最も人口の多い国であることを通知しました。

「スプートニクVの使用が承認されている60か国の総人口は30億人であり、世界人口の約40%です」とRDIFは述べています。

また、ロシア、ベラルーシ、アルゼンチン、セルビア、アルジェリア、パレスチナ、ベネズエラ、パラグアイ、ハンガリー、アラブ首長国連邦、イラン、メキシコ、レバノン、ミャンマー、パキスタン、スリランカ、イラクなどの国でも承認されています。

特にスプートニクVは、インドの規制当局によって登録された3つのコロナウイルスワクチンの1つです。

このワクチンは、ロシアでの臨床試験の結果と、Reddy’s Laboratories博士と共同で実施されたインドでの追加の第III相局所臨床試験の陽性データに基づいて、緊急使用許可手続きの下でインドで登録されています。

インドでは、RDIFは、Gland Pharma、Hetero Biopharma、Panacea Biotec、Stelis Biopharma、VirchowBiotechなどの製薬会社と合意に達しました。

Back to top button