健康

インド、パキスタンはカシミールの軍事的緊張を解決するためにドバイで秘密の会談を開催しました| インドのニュース

ニューデリー:インドとパキスタンの最高諜報員は、紛争中のカシミールのヒマラヤ地域をめぐる軍事的緊張を和らげるための新たな取り組みとして、1月にドバイで秘密の会談を行いました。

2019年にカシミールでインド軍の護送船団が自爆テロを起こし、パキスタンを拠点とする過激派がパキスタンに軍用機を送ることになったため、核武装したライバル同士の関係は氷結していた。

その年の後半、インドのナレンドラ・モディ首相は、領土に対する支配を強化するためにインド統治下のカシミールの自治権を撤回し、パキスタンでの怒りを引き起こし、外交関係の格下げと二国間貿易の停止を引き起こした。

しかし、両国政府は、今後数ヶ月にわたって関係を正常化するための控えめなロードマップを目指した外交のバックチャネルを再開したと人々は述べた。

カシミールは長い間、インドとパキスタンの間の引火点であり、どちらもこの地域のすべてを主張していますが、一部しか支配していません。

インドの調査分析局、外部スパイ機関、およびパキスタンの軍統合情報局の当局者は、アラブ首長国連邦政府が進行役を務める会議のためにドバイを訪れたと2人は述べた。

インドの外務省はコメントの要請に応じなかった。 ISIを管理しているパキスタン軍も対応しなかった。

しかし、パキスタンのトップ防衛アナリストであるアイーシャ・シディカ氏は、インドとパキスタンの諜報当局が数ヶ月間第三国で会合を開いていたと信じていると述べた。

「タイ、ドバイ、ロンドンで最高レベルの人々の間で会合があったと思う」と彼女は言った。

このような会議は過去にも、特に危機の時期に開催されましたが、公に認められることはありませんでした。

デリーの人々の一人は、「まだうまくいかないことがたくさんある、それはひどい」と言った。 「だからこそ、誰もそれを公の場で話しているわけではない。私たちにはその名前すらありません。それは和平プロセスではありません。あなたはそれを再関与と呼ぶことができます」と彼らの一人は言った。

両国には、和解を求める理由があります。 インドは昨年以来、中国との国境の対立に閉じ込められており、パキスタンの前線で軍隊が拡大することを望んでいません。

専門家によると、中国と同盟国であるパキスタンは、経済的困難とIMFの救済プログラムに悩まされており、カシミール国境での緊張の高まりを長期間にわたって手に負えない可能性があるという。 また、米国が撤退するにつれ、西側のアフガニスタン国境を安定させる必要があります。

インド、パキスタン、戦争に関する本を出版したばかりのジャーナリスト、マイラ・マクドナルドは、「インドとパキスタンは、話さないよりも話をするほうがよい。宣伝のまぶしさよりも静かに話をするほうがよい」と述べた。カシミールのフロンティア。

「…しかし、緊張の基本的な管理をはるかに超えて、おそらく困難な時期に両国を乗り切ることはないと思います。パキスタンは米国のアフガニスタンからの撤退の失敗に対処する必要がありますが、インドは中国との争いのフロンティアで、はるかに不安定な状況に直面している」と語った。

1月の会議に続いて、インドとパキスタンは、カシミールを分割する管理ライン(LoC)に沿った国境を越えた銃撃を停止すると発表しました。 その停戦は続いている、と両国の軍当局者は言った。

双方はまた、何十年にもわたる流血によって荒廃した地域に正常性をもたらすための努力の一環として、今年カシミールの彼らの側で選挙を行う計画を合図した。

二人はまた、彼らのレトリックをダイヤルダウンすることに同意した、と当局者は付け加えた。

これには、パキスタンが2019年8月にモディがカシミールの自治権を廃止することに大きな反対を表明することも含まれます。一方、デリーは、管理ラインの側でのすべての暴力についてパキスタンを非難することを控えます。

これらの詳細は以前に報告されていません。 インドは長い間、パキスタンによって否定された主張であるカシミールでの反乱についてパキスタンを非難してきました。

「カシミール内で攻撃が行われるという認識があり、それをどのように処理し、次の攻撃によってこの努力が狂わされないようにするかについての議論があった」とある人は言った。

しかし、74歳のカシミール紛争を解決するための壮大な計画はまだありません。 むしろ双方は、幅広い関与への道を開くために緊張を緩和しようとしていると彼らは言った。

パキスタンのイムラン・カーン首相の特別補佐官であるRaoof Hasanは、次のように述べています。

「隣人との内外の平和は、それを促進するための重要な構成要素です。」

生放送

Back to top button