健康

イスラエルは、ペガサスのスパイウェアの主張を評価するためのタスクフォースを任命します。 世界のニュース

イスラエルの情報筋によると、イスラエルは、イスラエルのサイバーファームが販売したスパイウェアが世界規模で悪用されたという疑惑の高まりを評価するために、上級省庁間チームを設立した。
ある筋によると、チームはイスラエルの国家安全保障会議によって率いられており、ナフタリ・ベネット首相に回答し、NSOグループのペガサスソフトウェアの輸出を監督する国防省よりも幅広い専門分野を持っています。

別の情報筋によると、国家安全保障会議は関与しておらず、評価は国防情報参謀部、諜報機関、外交官によって行われているという。 問題の機密性のため、両方の情報源が匿名性を要求しました。

「この事件は国防省の範囲を超えている」と最初の情報筋は述べ、フランス、メキシコ、インド、モロッコ、イラクでのペガサスの虐待の疑いについて著名なメディアが今週報道した後の潜在的な外交的反撃に言及した。

フランスのジャン・カステックス首相は水曜日に、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がペガサスのスパイウェア事件について一連の調査を実施するよう求めたと述べた。 フランスのルモンド紙は火曜日に、マクロンの電話は、ペガサス事件でモロッコに代わって可能な監視の潜在的な標的のリストに載っていたと述べた。

メキシコの金融情報部門の責任者であるサンティアゴ・ニエト氏は、現政府はペガサスを調達するために使用された企業と契約を結んでいないと述べたが、前のメキシコ政権は「統制、脅迫、操作の戦術」として署名したと付け加えた。

イスラエルの情報筋の1人は、ペガサスの輸出に新たな規制が設けられることは「疑わしい」と考え、その目的は「何が起こったのかを調べ、この問題を調査し、教訓を学ぶことである」と述べた。

NSOの広報担当者は、開発についてコメントし、「イスラエル政府の決定を歓迎し、同社の活動に欠陥がないと確信している」と述べた。

水曜日のサイバー会議で、ベネットはNSO事件について言及しなかった。

間違った仮定

パリを拠点とする非営利ジャーナリズムグループForbiddenStoriesが率いる17のメディア組織が日曜日に発表した世界的な調査によると、ペガサスはジャーナリスト、政府関係者、人権活動家が所有するスマートフォンのハッキングの試みと成功に使用されたとのことです。

NSOは、「間違った仮定と裏付けのない理論に満ちている」として、メディアパートナーによる報告を拒否しました。 ペガサスは、テロや犯罪と戦うために政府の諜報機関や法執行機関のみが使用することを目的としているとNSOは述べた。

ベニー・ガンツ国防相は火曜日の演説で、このような目的はイスラエルの輸出政策を導くものでもあると述べた。 しかし、ペガサスをめぐる主張に言及して、彼は次のように付け加えた。「私たちは現在、この問題に関して公表された情報を研究している」。

ベネット氏は会議で、イスラエルはサイバーセキュリティについて数十カ国と覚書を交わしており、「グローバルなサイバー防御シールド」にアップグレードしたいと述べた。

生放送

Back to top button