健康

イスラエルがデルタウイルスの攻撃を受けてコロナウイルス「グリーンパス」を復活させる| 世界のニュース

テルアビブ:イスラエルは木曜日に、COVID-19に免疫があるとみなされた人、または最近陰性であるとテストされた人だけが、コロナウイルスの症例が急増した後、レストラン、ジム、シナゴーグなどの公共スペースに入ることを許可する計画を発表しました。

政府は、感染と死亡を押し下げた急速な予防接種ドライブの後、ほとんどのコロナウイルス制限を撤廃しました。

制限の緩和には、ワクチン接種またはCOVID-19から回復した人だけが一部の公共スペースに入ることを許可する「グリーンパス」プログラムの廃止が含まれていました。

しかし、コロナウイルスのより感染性の高いデルタ変異体が急速に蔓延しているため、屋内で保護マスクを着用したり、旅行者の入国要件を厳しくしたりするなど、いくつかの対策はすでに復活しています。

ナフタリ・ベネット首相の事務所は、措置をさらに強化するために、政府の承認を待って、7月29日からグリーンパスプログラムが再開されると述べた。

「(グリーンパス)は、文化的およびスポーツイベント、ジム、レストラン、食堂、会議、観光名所、礼拝所に適用されます」と、ベネットの事務所は彼の「コロナウイルスキャビネット」の会議後の声明で述べた。

100人以上の参加者がいるイベントへの入場は、「ワクチン接種、回復、および12歳以上の検査結果が陰性の人」にのみ許可されます。

ベネットが「ソフト抑制」の方針と呼んでいるものの下で、彼の政府はイスラエル人にウイルスと一緒に暮らすことを学ぶことを望んでいます-可能な限り少ない制限を含み、経済にさらに害を及ぼす可能性のある第4の国家封鎖を回避します。

イスラエルの930万人の人口の56%以上が完全に予防接種を受けており、深刻な症例は以前の感染の波の間よりも低いままです。

Back to top button