健康

アフガニスタンの危機:自殺爆発が少なくとも100人の命を奪った後、カブール空港で避難飛行が再開される| 世界のニュース

ニューデリー:アルジャジーラの報告によると、アフガニスタンがカブール空港で2回の爆風から巻き返し、少なくとも100人が命を落とし、150人が負傷しました。 ISKP(ISIS-K)のコラサン州のイスラム国が主張する攻撃で遺体がまだ避難しているため、死者数はさらに増えると予想されます。

以前の報告によると、木曜日(8月26日)にカブール国際空港の外で自爆テロが発生し、少なくとも60人のアフガニスタン人と13人の米軍が殺害された。

8月31日の締め切りが近づくにつれ、多くの国が市民、さらにはタリバンの支配から逃れたいアフガニスタン国民さえも避難させてきました。 アルジャジーラによると、木曜日に爆風がカブールを襲った後、避難が再開された。

英国は金曜日に、その避難プロセスはアフガニスタンの「最終時間」にあると述べた。 英国国防大臣のベン・ウォレス氏は、カブールのハミド・カルザイ国際空港近くのバロン・ホテルにある主要な処理センターが閉鎖された後、避難プロセスは「最終時間」にあるとスカイニュースに語った。 ウォレス氏は、「英国時間の今朝4.30に、バロンホテルを閉鎖し、処理センターを閉鎖し、アビーゲートのゲートを閉鎖した」と述べた。

彼は、メインの処理が終了し、「数時間の問題がある」と付け加えた。ウォレス氏は、「悲しい事実は、すべての人が出て行くわけではない」と語った。 脅威は明らかに、私たちが去るところに近づくにつれて大きくなるだろう」と語った。

フランスの欧州担当大臣は、フランスはカブールでの避難活動を「間もなく」終了すると述べた。 クレマン・ボーヌはフランスのラジオヨーロッパ1に、「フランスは、できるだけ多くの人々を避難させるために、現在も活動を続けています」と語った。

自爆テロの後、日本は金曜日に、日本大使館と開発機関で働いていた市民と地元のスタッフを避難させる努力が続けられており、彼らは状況を注意深く監視していると述べた。 加藤勝信官房長官は記者団に対し、「状況は流動的で予測不可能であるが、日本人と現地職員の安全な避難を達成するための努力を継続する」と述べた。

一方、トルコ政府は、タリバーンがカブール空港の運営を要請したと述べたが、まだ決定は下されていない。 トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、次のように述べています。 この問題についてはまだ決定していません。」

「(アフガニスタンの)政権が明確になった後、私たちは決定を下すだろう」と彼は付け加えた。

エルドアン首相は、カブールからのトルコ軍の避難が進行中であると付け加えた。

(代理店からの入力あり)

Back to top button