健康

すべての火星人を呼びます! NASAは火星ミッションのために募集しています、ここにすべての詳細があります| 世界のニュース

ニューデリー:米国の宇宙機関であるNASAは、火星での1年間のミッションを募集しており、火星探査のシミュレートされた生息地に住む4人の応募者を探しています。 目的は、宇宙飛行士を火星に送り、赤い惑星への将来のミッションの現実の課題に備えることです。

金曜日に、宇宙機関は、ヒューストンのジョンソン宇宙センターの建物内にある3Dプリンターによって作成された1,700平方フィートの火星の生息地である火星砂丘アルファに1年間住む参加者の申請を開始しました。

すべての火星人を呼びます! @NASAは、3Dプリントされた生息地である「火星砂丘アルファ」に住む、遠い世界での生活をシミュレートする1​​年間のミッションに4人の乗組員を募集しています。 最初の有人火星ミッションの研究に参加してみませんか?

もっと詳しく知る! https://t.co/v3dL7qzRk9 pic.twitter.com/k5sviRXvtV

— NASA火星(@NASAMars)2021年8月6日

「火星への将来のミッションの現実の課題に備えて、NASAは、長期にわたる地上ベースのシミュレーションの厳密さの下で、意欲の高い個人がどのように反応するかを研究します」とNASAは声明で述べました。

生息地は火星での任務の挑戦をシミュレートします、乗組員の仕事はシミュレートされた船外活動、科学研究、仮想現実とロボット制御の使用、そして通信の交換を含むかもしれません、とNASAの声明は読みました。

Nasaは、これらのミッションのうち3つ(Crew Health and Performance Exploration Analogとして知られています)を計画しており、最初のミッションは来年の秋(9月1日から11月30日)に始まります。

「アナログは、火星の表面に住むという複雑なニーズを満たすためのソリューションをテストするために重要です」と、ヒューストンにあるNasaのジョンソン宇宙センターでのNasaの高度な食品技術研究活動の主任科学者であるGraceDouglasは述べています。

「地球上のシミュレーションは、宇宙飛行士が行く前に直面する肉体的および精神的な課題を理解し、それに対抗するのに役立ちます」と彼は付け加えました。

適用する基準は次のとおりです。

この申請書は、米国市民または30〜55歳の永住者のみが利用できます。 その他の選択基準には、英語力、健康状態、禁煙などがあります。

教育面では、工学、数学、生物学、物理、コンピューターサイエンスなどのSTEM分野で認定機関の修士号を取得する必要があります。 さらに、STEMで博士号プログラムの2年間の作業を完了した、または医学の学位を取得した、またはテストパイロットプログラムを完了した候補者も考慮されます。

Nasaの声明によると、4年間の専門的な経験により、STEM分野で士官の訓練または理学士を修了した申請者を検討することができます。

Back to top button