「SikhsForJustice」が「KhalistanFoodFor All」チャリティーキャンペーンを開始し、国連に1万ドルを寄付| インドのニュース

ニューデリー:分離派グループ「SikhsFor Justice」(SFJ)は、国連が運営する食糧プログラムに資金を提供するチャリティーキャンペーンを開始しました。

金曜日(4月16日)に発表された声明の中で、組織は「Khalistan Food For All」(KFFA)キャンペーンを開始し、「FoodForCongo」に10,000ドルを寄付したと述べました。

グループは、キャンペーンがカルサの生誕322年に開始されたと述べた。 それは彼らのウェブポータルwww.KhalisanFood4All.charityで寄付することによって「コンゴで2700万人の命を救う」ことをシーク教徒のコミュニティに訴えました。

「現在インドとその先住民が占めているパンジャブ州の地域には、飢饉と食糧危機の際に世界中の人々、国、国のニーズに応えるのに十分な食糧と農産物を育てる指数関数的な可能性があることは歴史的に証明された事実です。 しかし、現在インドの占領下にあるパンジャブとその人々の土地の可能性は、インドによって浪費され、搾取され、略奪されています」と、SFJ Gurpatwant SinghPannunの共同創設者兼法務顧問は声明で述べています。

「したがって、カリスタンが設立されるまで、このNGOは、カリスタンの「すべての人のための食糧」の指導原則の実行に取り組みます」とパンヌンは付け加えました。

SFJは、キャンペーンの使命は「飢饉、飢餓、食糧不足、人道的危機の際に、シーク教の教えとカリスタンのイデオロギー、つまりすべての宗教、人種、色の人間と国家に従うのを助けることから派生している」と述べた。

生放送

Exit mobile version