「第3の波」が医療制度に影響を与えるため、ポーランドはCOVID-19の封鎖を延長| 世界のニュース

ワルシャワ:ポーランド政府は、最近の「パンデミックの第3波の頂点」が医療施設に影響を及ぼし始めていると述べ、全国的なCovid-19の封鎖を1週間延長しました。

新華社通信によると、これは3月27日に実施されて以来、2回目の封鎖の延長である。

現在の封鎖は4月18日に期限切れになります。

この措置は、20平方メートルあたり1人の顧客が許可されている店舗の制限が4月25日まで続くことを意味しました。

礼拝所についても同じ制限が適用されますが、2,000平方メートルを超える家具店や金物店は閉鎖されたままになります。

睡眠施設を提供するホテルやその他の施設は、少なくとも5月3日まで制限に直面します。

しかし、アダム・ニージエルスキー保健相は、4月19日から保育園と幼稚園の再開が許可され、アウトドアスポーツの制限も解除されると述べた。

「この制限は、ヘルスケアと人工呼吸器のインフラストラクチャにかかる圧力を最小限に抑えることを目的としています」とNiedzielski氏は述べています。

水曜日に、ポーランドでさらに21,283人がコロナウイルスに感染していることが確認されました。

ポーランドはこれまでに2,621,116の確認された症例を報告しましたが、死者数は59,930でした。

ポーランドは、血栓のまれな症例の報告を受けて、アストラゼネカワクチンの使用を制限していないヨーロッパ諸国の1つです。

国はこれまでに790万人の市民に少なくとも1つのジャブを与えました。

生放送

Exit mobile version