健康

「今COVIDを制御できなければ、私たちは一掃されるでしょう」とブータンのロテ・ツェリン首相は言います。 世界のニュース

ティンプー:ブータンのロテ・ツェリン首相は、国内でのCOVID-19の蔓延する脅威について懸念を表明し、「今ウイルスを制御できなければ、私たちは一掃されるだろう」と述べた。

金曜日(5月21日)の国民への演説で、ツェリング首相は、パンデミックが国内で発生してから1年半が経過した後も依然として脅威をもたらしていることを人々に思い出させたとクエンセルは報じた。

「国内の多くの人は、COVID-19の発生が2回発生した後、最悪の事態は終わったと考えていました。ワクチン接種プログラムも多くの人にとって希望の光でした」とLotay氏は付け加えました。

ブータンもこの地域の状況悪化の影響を感じることは避けられないと述べ、すべての準備にもかかわらず、インドが経験していることを国が経験しないという保証はないと付け加えた。

「南の国境からの脅威は今や東に達している。注意しないと、隣人と同じ運命をたどるだろう。」 彼は演説の中で言った。

Lotayは、これはSARS-CoV-2ウイルスが急速に変異し、より伝染性が高く、圧倒的になっているためだと述べました。

国はゆっくりと四方八方に囲まれており、適切な管理措置が講じられておらず、人々が予防措置に従わなければ、すぐに国は圧倒されるだろうと彼は言った。

首相は、「今、スプレッドをコントロールできなければ、すぐに一掃されるだろう」と述べた。

一方、Trashigang町は、5月21日の午後7時から封鎖されました。

ヨンプラ国内空港へのフライトもすべて停止されました。 日曜日(5月23日)の世界保健機関によると、この国はこれまでに1,392件の陽性COVID-19症例を報告し、1人が死亡した。

当該期間中に合計482,038回のワクチン投与が行われた。

また読む:COVID-19:カナダは、ワクチンの初回投与で人口の半分以上にワクチンを接種します

Back to top button