健康

「人道的大惨事」の危機に瀕しているアフガニスタン、最悪の事態はまだ来ていない:国連機関| 世界のニュース

ジュネーブ:金曜日(8月13日)の国連機関は、タリバンの前進が飢餓の拡大の中で何万人もの人々を家から追い出すにつれて、アフガニスタンでの人道的大惨事について警告した。 国連は320人の職員が残ると述べたが、西側大使館が職員の避難を支援するために軍隊を派遣する準備をしたため、武装勢力は2番目と3番目に大きな都市を支配した。 国連世界食糧計画のトムソン・フィリ氏は国連のブリーフィングで、「最悪の事態はまだ来ておらず、飢餓のより大きな潮流が急速に迫っていることを恐れている。この状況には人道的大惨事のすべての特徴がある」と語った。

国連難民高等弁務官事務所のシャビア・マントゥー氏によると、5月以来25万人以上が家を追われており、その80%が女性と子供である。 多くの人が、途中で武装グループによる恐喝を報告し、主要道路に沿って即席爆発装置をかわす必要がありました。 別の国連当局者によると、何千人もの人々が避難所を求めて農村部から首都カブールや他の都市中心部に急いでいます。

「彼らは野外、公園、公共の場で眠っています」と国連人道問題調整事務所のスポークスマン、イェンス・ラーケ氏は語った。 「現在の主な懸念は、単に彼らのための避難所を見つけることです。」

また読む:カンダハールの後、タリバンはカブールに向かい、アフガニスタンのインド市民は帰国を求めた

世界保健機関の関係者は、支援している医療施設で過去2〜3か月で外傷症例が2倍になったと報告しました。 彼女はまた、医薬品の不足について懸念を表明し、大量の死傷者管理について医療スタッフを訓練していると述べた。

生放送

Back to top button