Tag: 遺伝子
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

ビタミンDで免疫強化!?

ニュージャージー医科歯科大学の研究で、ビタミンDは白血球を刺激してLL-37という高い抗菌作用をもつペプチドを生産させることがわかった。また、この研究に刺激された別の研究がビタミンDが歯肉細胞を刺激してTREM-1というタンパク質を生産させることを発見した。TREM-1は免疫反応を強くするこ...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

母乳を出す牛が誕生、サンマルティン大学

アルゼンチンの研究所が世界初のトランスジェニック牛を誕生させたと発表した。 トランスジェニックとは他の特定の遺伝子を人口的に組み込むことだが、この研究所は牛にヒトの遺伝子を組み込んで、母乳と同じものをつくりだせるようにした。 6/9に、アルゼンチンのNational Instit...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

他人の意見に流されやすい人は・・・-米・ブラウン大学

人生は往々にして、都度都度の選択の連続だ。そんなとき、確固たる信念をもち、常に自分を貫き通せる人もいれば、ついつい他人の意見に左右されてしまいがちな人もいる。中には、自分の信念などはないけれど、敢えて言えば他人の意見には従わないことが信念だというただのへそ曲がりもいるかもしれない。 脳...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

新たなタイプの多剤耐性菌が発見される

イギリスとデンマークで新たなMRSA(多剤耐性菌)が発見されたした。 この多剤耐性菌は乳牛の集団感染の検査をする研究チームが生乳を検査している際に偶然発見されました。幸い殺菌消毒が行われたため、人体に影響はないということです。しかし、研究者たちは別の事に頭を抱えています。それはこの多剤...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

助け合うロボットたち-利他行動の血縁選択説、ロボットで証明される

自分を犠牲にして他人を助ける利他行動は、自分の子孫をより多く残そうとする自然選択説とは一見矛盾するように見えるため、それを説明するのに多くの説が考えられた。その一つが、1960年代に生物学者W.D.ハミルトンによって提唱された血縁選択説だ。この説は、利他行動が血縁度に基づくとするもので、自分...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

うつ病の傾向をもたらす悪党遺伝子の発見

キングス・カレッジ・ロンドンにいる科学者たちは、うつが一つの悪性遺伝子によって引き起こされると信じて研究をしている。研究の中で彼らはうつ病を引き起こす可能性のあるDNAの中に欠陥があることを発見した。この発見が最終的にうつ病に対する治療法の発展につながることを期待している。 キングス・...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

妊娠中のダイエットで子供が肥満に – 英・サウスハンプトン大学

子供を肥満にしたくなければ、妊娠中のダイエットは控えたほうがよさそうだ。一見逆のように聞こえるが、妊娠中に飢餓状態におかれた胎児は、出生後に脂肪をより効率的に貯め込めるよう体質が変化するらしい。 英・サウスハンプトン大学の研究チームが、4月6日付で学術誌『diabetes』のオンライン...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

結核と毛皮貿易 – 米・スタンフォード大学

WHO(世界保健機関)の報告によれば、現在世界の人口の約3分の1が結核菌を保有し、毎年900-1000万人の新規罹患者が生まれ、2009年には170万人がこれによって死亡したそうだ。このように、今や世界中に蔓延している結核菌だが、決して最初からそうだったわけではない。大航海時代にアメリカ大陸...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

不老不死はすでに我々が完成している!! ベニクラゲだァ————!!!

SF世界の話ではなく、現実に不老不死の動物がいるのを知っているだろうか。それはベニクラゲという体長1cmにも満たない小さなクラゲだ。この小さな多細胞動物は「若返り」を行うことで不老不死を実現しているのだ。 普通の生物は老化が進んでももどることはない。しかしベニクラゲでは老化が進むと組織...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

1個の卵の謎が解けるとき、未来は変わる 

私たちのからだは60兆個もの細胞からできていますが、もとはひとつの細胞です。たったひとつの卵細胞から複雑なからだができる様は、まさに生命の神秘。今もなお多くの謎に包まれた発生のしくみは、多くの研究者の心を捉えています。先日、これまでの発生のしくみの定説を覆す発見が報告されました。今回は、それ...続きを読む