Tag: 自動車

渋滞が消える!?夢の電気自動車がGMより発表

とある車の設計者は、交通渋滞と駐車場の不足に疲れたすべての自動車運転者のための、完璧な解決策を思いついた。 2人乗りの電気自動車、EN-V(Electric-Network Vehicle)は、通常の運転手たちが持っていた心配を緩和し、環境問題、エネルギー消費、および手頃さを考えて設計...続きを読む

2040年の都心部で起きる未来予測シナリオ4つ

2040年までに人口の3分の2が都市部周辺に住むことになる。すでに今の朝の通勤ラッシュにイラついてる人たちはもっとひどくなることを覚悟しなければいけない。エネルギー、食品、スペースの問題が顕在化することになりそうだ。 果たしてどんな未来はくるのだろうか。「Forum for the F...続きを読む

QRコードの仕組み

QRコードを最近どこでも見るようになった。特に携帯電話に関連する広告などには必ずと言っていいほどの確率で載っている。さて、このQRコードとはなんだろうか。 QRコードとは、そもそもQuick Response Codeといい、素早く反応するコードという意味。当初はバーコードにかわる商品管理記号...続きを読む

油の生産効率が10倍の藻が発見される-筑波大学

筑波大学の渡邉信教授の研究グループが発表したところによると、バイオ燃料に適した藻を発見した。 沖縄県で採集された「オーランチオキトリウム」という藻の仲間を使うことで、従来の藻に比べ、油の生産効率が10倍以上向上するという。従来は1リットル当たり800円程度のコストがかかっていた、これを50円程...続きを読む

2010年ロボット大賞を受賞したのはトヨタの省エネ産業ロボット

経済産業省が主催するロボット大賞。ロボット技術というのは新しい分野と統合することで生み出されれるものだが、ロボット技術が進んでいる日本の技術の可能性をより探ろうというのがこのロボット大賞だ。 今主流のロボットは大きく分けて、介護ロボットなどのサービス型と組み立てロボットなどの産業型である。大賞を...続きを読む

簡易暗視ゴーグルを実現する薄膜

有機発光ダイオードを使用した薄膜で暗視ゴーグルと同じ機能を実現する技術が開発された。 この膜は7層に分かれていて初めの数層で赤外線を感知し可視光に変換、残りの数層で増幅をするという仕組みだ。本来暗視ゴーグルには赤外線イメージ管や大きな電圧、かさばる装置が必要であったが今回の技術は3~5Vで済む...続きを読む

戦闘機などで使われているHUDが自動車に

戦闘機などに積まれている速度や高度などの情報を表示するHUD。 ヘッドアップディスプレイとは戦闘機のパイロットが目の焦点を変えずに様々な情報を見るために開発されたもので最近では一部の高級車にも搭載されるようになったのだが今回はRGBレーザーを使用した高精度なカラー表示が可能になったようだ。 カ...続きを読む

究極のエコカーは空気を利用した空気自動車

ハイブリットカーや電気自動車がメディアの話題をかっさらっているが、中国の農民は空気を使った究極のエコカーを開発しているという。侯 聖春さんが作っている空気自動車の仕組みは簡単、バイクのエンジンと空気のコンプレッサーを連動させる事で、空気を排出した勢いで推進力を得るというものだ。自動車を農民が作っ...続きを読む

2ちゃんねらーが選ぶブラック企業に気をつけろ

企業の人事部が胃が痛くなるようなブラック企業のリストが「スチーム速報 VIP」に掲載されている。このリストは、2ちゃんねるの就職板に貼られているものだ。働くことの対価によって生計を維持しなければならないから、企業選びは人生における重要事項なのだが、企業の内情は実際に働いてみないとなかなかわか...続きを読む

ファミマ、必要な時間だけ借りて乗るカーシェアリング実施

    都心に住んでいて、この不景気な時代に車を所有しているなんて、よほどの金持ちか車好き以外にはいない。駐車場代や税金などの維持費で、子ども一人育てるほどの経費がかかる。しかし、交通量が一気に減る日曜日や祭日に、空いた道をドライブするのは楽しいものだ。ファミリーマートとオリ...続きを読む