Tag: 大気汚染

この50年間で見える日が5倍に増えたものとは?

連日、北京では大気汚染問題が続いている。 高度経済成長期以降の日本でも同じように大気汚染が深刻な時代があった。 それから、50数年ほど経過した日本では長年の大気汚染対策が成果をあげているようだ。 民間の成蹊学園所属「成蹊気象観測所」が、東京都内から富士山が見える日数が、近年は年間100日を...続きを読む

小さな事からコツコツと?中国が大気汚染対策でバーベキュー禁止令!!

中国で、春節恒例の花火は、北京市からの自粛要請にもかかわらず、いたる所で打ち上げられ白い煙が漂うこととなった。 だが、花火は例年より少なかったらしい。 花火の売店では「うちの売り上げは特によくない。みんな環境問題に関心があるからね。(2012年より)売り上げは3分の2も減ったよ」と話す。...続きを読む

開いた口がふさがらない…。中国からとんでもないものが飛んできたぞ!

えぇぇ!開いた口がふさがらない…。 中国から汚染物質だけでなく、とんでもないものが飛んできたようだ。 なんと中国で問題となっている大気汚染は「日本に元凶がある」との論調が出回っているようだ。 中国のニュースサイトには、反日的な評論員により「日本から原発事故後に火力発電所やゴミ焼却施...続きを読む

北京に1日滞在でたばこ1箱の喫煙量?!大気汚染が超深刻!

中国の大気汚染問題だが、東京でも汚染物質が観測されたのと情報で、各自治体も警戒を強めているようだ。 だが、今回問題となっている微粒子物質粒子物質「PM2.5」は、去年の同じ時期とほぼ同じ水準なのだそうで、中国からの影響は今のところ見られないと話す。 しかし、住民の不安を払拭すべく、各自治...続きを読む

とうとう日本にも中国の大気汚染物質が飛来!!首都圏にも影響へ!

以前、中国の大気汚染がヤバいことになっていると伝えたが、どうやら日本にも影響が出てきたようだ。 福岡では、大気汚染物質の一つ、「PM2.5」が国の基準を超える通常の3倍を観測した。 大気環境学が専門の竹村九州大准教授は「中国からの越境汚染は今に始まった現象ではない。汚染物質の濃度は中国の...続きを読む

基準値の40倍!中国で観測史上最悪の大気汚染がヤバい!

北京オリンピックから4年。 当時も懸念されていたが、中国各地で大気汚染が深刻化している。 中国各紙によると、67都市が汚染による有害物質を含んだ霧に覆われたとのこと。 北京市は、最も警告の度合いが強い「オレンジ警報」を発令。 警報には黄色とオレンジの2段階があり、オレンジを発したこと...続きを読む

大気汚染の元を地図上に可視化するオンライン地図を発表 – EU

大気汚染の発生のもとを示すオンライン地図がEUの欧州委員会と欧州環境庁は共同研究センターと共同によって公開された。市民に大気汚染の拡散元がどこにあるかという情報を提供する目的で製作された。 酸化窒素(NOX)、二酸化炭素(CO2)、アンモニア(NH3)、粒子状物質(PM!0)、酸化硫黄...続きを読む