Tag: リバコミ

眠るヒト、眠らない脳

寝苦しい季節がやってきました。なかなか寝つけなかった夜の翌日、睡魔に襲われて勉強や仕事がはかどらなかった、なんてことはありませんか。こんなとき、睡眠時間が短くても元気でいる方法があればいいのにとついつい考えてしまいがちですよね。睡眠は脳にとって重要な時間といわれていますが、どう大事なので...続きを読む

「ゆらゆら動く」タンパク質が、研究の世界を広げる

私たちの体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。今まで、体の中でつくられたタンパク質は、堅い立体構造をつくって働いていると考えられてきました。しかし最近の研究で決まった立体構造をもたずに働く、型破りなタンパク質があることがわかったのです。 タンパク質の働きをかたちが決める...続きを読む

細胞内で「発車オーライ!」

駅のホームで電車を待っているとき、貨物列車を見かけたことはありませんか?荷物が入ったコンテナを載せた列車が、レールの上を、目的地へと走っていきます。実は、私たちのからだを構成する細胞の中にもレールを使ってモノを運ぶタンパク質があるのです。しかも、間違えて配達しないように緻密に制御されていま...続きを読む

さりげなく、いろんなところにLED

最近、信号機のランプが「ブツブツ」しているように見えませんか。そのブツブツの正体は「LED」という発光素子で、消費電力が抑えられるという話や、寿命が長いという話を耳にします。そんなLEDは、どんな性質を持っているのでしょうか。 フィラメントが使われています LED(Light Em...続きを読む

ちっちゃいけれど力持ち!リチウムイオン電池

携帯電話、携帯音楽プレーヤー、ノートパソコンなどなど、私たちの身の回りには「バッテリー」を使っている電化製品がたくさんあります。これら製品のバッテリーとして多く目にするのは「リチウムイオン電池」。この登場により、さまざまな製品の小型化が進みました。リチウムイオン電池は、どんなしくみで電気を流して...続きを読む

1個の卵の謎が解けるとき、未来は変わる 

私たちのからだは60兆個もの細胞からできていますが、もとはひとつの細胞です。たったひとつの卵細胞から複雑なからだができる様は、まさに生命の神秘。今もなお多くの謎に包まれた発生のしくみは、多くの研究者の心を捉えています。先日、これまでの発生のしくみの定説を覆す発見が報告されました。今回は、それ...続きを読む

文明の利器の裏側に-誤り訂正の理論-

先週は「あ」という文字のデータ「0100001010100000」を例に、送信するデータを実際につくってみましたね。さらには、送信するデータには誤りが生じる可能性があることもお話ししました。今週は予想不可能な間違いをいったいどうやって見つけ、訂正しているのか、見ていきましょう。 誤り発見訂...続きを読む

文明の利器の裏側に、どうして携帯電話は声を届けられるの?

私たちが携帯電話を誰かにかけるとき、当たり前ですが話す相手はその電話の向こう側にいるのであって、私たちの目の前にいるわけではありません。声が届かないところに声が届くなんてとっても便利な機械ですね。でも、糸でつながっているわけでもないのに、いったいどうやって音を届けているのでしょうか。 携帯...続きを読む