Tag: デバイス

トンボになれるサイボーグゴーグルがペンタゴンからもうすぐ登場

米国国防総省のペンタゴンは、兵士の半径1キロ半径をキャプチャすることのできるSoldier Centric Imaging via Computational Cameras (SCENICC)というデバイスを開発した。360度ビジョンで全方位をくまなく見るとは、まるでトンボのようだ。 ...続きを読む

米軍が開発したソーラーパワーテント

軍隊が日光の照る場所へ出かけるとき、太陽光を少しでも活用できれば大きなエネルギーになる。アメリカ軍はまさにこの発想に基づき、キャンプ地でのテントを利用して、3つの太陽光発電を考えている。 Power Shade、TEMPER Fly、そしてQUADrantと呼ばれ、それぞれ3000W、800W...続きを読む

メディアアーティスト向けのオタマジャクシ型電子楽器、オタマトーンがスゴい

オタマトーンとは明和電機から発売されている、電子楽器だ。始めに結論を言えば、これは間違いなく日本を代表するメディアアートである。 明和電機は名前上会社のような印象を受けるが、実態はメディアアーティストの集合体のユニット名で吉本興業所属のタレントでもある。様々な電子楽器を設計、製造している。金銭的...続きを読む

話題沸騰のKinectの仕組み、世界の研究者が熱狂したワケ、驚きの公開動画を一挙紹介!

MicrosoftがXbox 360向けに日本では11月20日に発売(NAでは4日発売)したKinectがユーザーから神デバイスと評価され、彼らの手によって様々な形にハックされている。 そもそもKinect(キネクト)とは、ゲーム用の操作カメラ型デバイスであり、ユーザーはコントローラーを使わず...続きを読む

世界の面白い自動販売機を大特集!中国、アラブ、イタリア、イギリス、オランダ、日本

日本は世界に誇る自動販売機国家だ(外国人の日本神話伝説の中でも出てくるくらい)、しかも最近では進化して、デジタルサイネージの技術が用いられたりもしている。 しかし、世の中にはもっと面白い、ユニークな自動販売機があるのをご存知だろうか?今回はそうした自動販売機を一挙紹介するぞ。各国の特色が現れて...続きを読む

世界のHONDAのサイコミュ技術、脳波でロボット制御

頭で考えたことを機械が読み取り実際に動く。ロボットアニメじゃ良くある光景だが現実がその技術が実現に一歩近づいた。 脳波とは人が考えるときに脳から発生する微弱な電波のことでこれを測定し解析することで何を考えているのか分かるようになるという。今回の実験では二つの行動選択のどちらかの動作を頭でイメー...続きを読む

外国からみる、日本の神話伝説トップ5

海外からみたら、日本はロボット大国、アニメ、マンガ、SFの世界と思われているようだ。そんな外国のライターが書いた、日本の神話伝説トップ5を紹介しよう。意外と誤解されている日本のことが外の目を通じてわかるのは面白い。 自動販売機がどこにでもあるぜ 550万台自動販売機のうちの飲料水を提供するモノは...続きを読む

OLPCのXO-3の発売は2012年、発表は2011年2月か

以前にも(E-learningのOLPCに画期的な新型タブレットPCが登場)という記事で紹介したOLPCの新次世代端末のXO-3の開発に手こずっているようだ。先日あったカンファレンスで期待されたXO-3の発表はなされなかった。発展途上国などでの教育用途としての利用が期待されているこの端末は、故障...続きを読む

3Dデータを扱う人には便利?3Dトラックボールの登場だ

3Dデータを扱う人には便利かもしれない、トラックボールが登場した。Axsotic 3D Spherical Mouseだ。 このトラックボールは以下の画像のように、縦横無尽に回転させる事が可能で、例えば3Dペインティングなどをするときに便利であることが記事下部の動画でわかる。3Dが流行っているし...続きを読む

ノーベル賞のグラフェンができる事のわかりやすいまとめ

10月5日、マンチェスター大学の科学者二人が先駆的なグラフェンの研究で2010年のノーベル物理賞を受賞した。理由は単純で、グラフェンはいままでに発見された中で最も有望で万能な物質になるかもしれないからだ。それはとても小さいコンピューターから高性能な電池まで、全ての鍵を握るかもしれない。 グラフ...続きを読む