Tag: デザイン

デザイン的思考を育てる「デザインあ」が面白い

みなさんは土曜日の朝7時からNHK Eテレ(教育テレビ)でやっている「デザインあ」という番組を見たことがあるだろうか?休みとはいえ朝早いので起きてないという方もいらっしゃるだろう。 この番組は、デザインを人とモノ、人と人との関係を「より良くつなげる」ための観察・思索・知恵・行動のプロセスと...続きを読む

レビューワーによる無駄な追加実験の要求をやめよ

  トップジャーナルの論文のピアレビューが、不要な追加実験のために行き詰まっている。 Natureを含むハイジャーナルに論文を投稿すると、たいてい追加実験を求めるコメントが返ってくる。そのような追加実験により、元の原稿で示された実験結果を強くサポートできることもあるが、たいてい...続きを読む

5つのボールを華麗にジャグリングするロボット – チェコ工科大学

5つのボールを次々とお手玉して見せるロボット。一見、単純そうに見えるお手玉の動作も実現するには、玉の落下ポイントへ移動、玉を握る、上へ投げるという3つのアクションが必要だ。 チェコ工科大学プラハ校の制御工学学部でデザインされたJugglerは、円形のグリッパーは水平方向に回転することが...続きを読む

倒れない自転車の秘密 – 米・コーネル大学

これまで自転車の直進性は、キャスター角とジャイロ効果で説明できると考えられていた。キャスター角とは、前輪を支えるフロントフォークの傾きで、鉛直線からの傾きが大きいほど直進安定性が増す。ジャイロ効果は、回転する前輪が、慣性により倒れにくくなる現象だ。 米・コーネル大学のAndy Ruin...続きを読む

紙袋にしますか、ビニール袋にしますか、それとも鉄袋?

“Paper or plastic?”というのは、多くの日本人が初めてアメリカのスーパーで買い物をした際に受ける洗礼のような言葉で、「紙袋にしますか、ビニール袋にしますか?」という意味なのだが、そう理解できた頃には、自分の後ろに長蛇の列ができていたりする。でもこれからアメリカに行こうという人...続きを読む

筑波大学周辺という地域密着の災害情報共有を実現 – SHARE THE TSUKUBA 日比野さん

日比野さんに答えてもらった。日比野さんのプロフィールは記事下部。 思い立ってから創り上げるまで 「Twitterの速報性と地域性を活かして、筑波大学近辺の情報をまとめ、共有できる場所があれば便利だと考えました。」地震発生後から友人と一緒に過ごし、互いに情報を共有していたという日比野さん。その...続きを読む

茨城県利用者の声を取り入れながら制作 – SAVE IBARAKI 濱脇さん、田山さん、榑松さん

代表で濱脇さんにインタビューに答えてもらった。3人のプロフィールは記事下部。 思い立ってから創り上げるまで 「ローカルな情報を見やすい形にデザインしたものが必要だと思う。Twitterの情報を市ごとに分けたウェブサイトを作らないか。」 地震発生の翌日12日の夜。濱脇さんは顔なじみで...続きを読む

太陽光発電パネルを水の上に浮かべてスペースを有効利用

日本の大都市は問題を抱える。土地問題、エネルギー問題、水問題。これらを一気に解消する方法が2012年の6月には現れるかもしれない。イスラエルのSolaris SynergyとフランスのEDFグループによって。 解決方法する方法、それは、太陽光発電パネルを貯水池の上に浮かべるのだ。 ...続きを読む

怖いもの見たさも積もれば山となる、不可解な事件の数々をグラフ化

今、旬のサイエンス関連サイトと言えば、小難しい統計資料をクールなデザインで見せる『Information is Beautiful(情報は美しい)』が一押しだ。スゴモリでもすでに取上げたGoogleのNgram Viewerを使ったこんなページや、スゴモリの別の記事でも取上げられたこんなペー...続きを読む

モノや動きによって発生する二酸化炭素量を分かりやすく、美しく可視化

電話を1時間したら…飛行機でニューヨークからロンドンへ行ったら…新聞1年分…どらくらいの二酸化炭素がこれらによって使われているのだろうか。その情報を分かりやすく伝えるFlashがInformation Is Beautifulより公開された。David McCandlessによってデザイ...続きを読む