Tag: タンパク質
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

農薬がパーキンソン病の原因となるメカニズム-米・ミズーリ医科大学

パーキンソン病は、中脳黒質ドーパミン作動性神経の変性によって生じる神経変性疾患であり、手足のふるえなどの運動症状やうつなどの非運動症状を伴う。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などで有名なマイケル・J・フォックス氏が30歳の若さで発症したことでも知られている病気である。 その原因の...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

ビタミンDで免疫強化!?

ニュージャージー医科歯科大学の研究で、ビタミンDは白血球を刺激してLL-37という高い抗菌作用をもつペプチドを生産させることがわかった。また、この研究に刺激された別の研究がビタミンDが歯肉細胞を刺激してTREM-1というタンパク質を生産させることを発見した。TREM-1は免疫反応を強くするこ...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

ヒトも磁場を「見る」ことができるか-米・マサチューセッツ医科大学

    渡り鳥や海がめなど多くの動物は、移動の方角を地磁気から知ると言われている。そのメカニズムとして、現在2つの説が知られている。ひとつは、体内に小さな磁石があり、それが磁場に反応するのを検出しているのではないかという説。もうひとつは、対を作らない電子をもつラジ...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

癌の理論が疑惑に直面、癌の転移についての主要な解釈は臨床上の証拠に欠ける

癌細胞は、発生過程の細胞に似た状態へと逆行することにより自由に動けるようになり、別の部位へと移動するという考え方が主流となっている。カリフォルニア大学サンディエゴ校のDavid Tarin氏は、今月初めの米国癌学会の年会で、このような考え方に疑問を呈した。 基礎研究においてこの仮説を支...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

物理で解き明かす生き物のブラックボックス

いつもと違った視点が思わぬ解決法を生むことってありますよね。生き物の研究も例外ではありません。今回は、一見生き物の研究とは無縁と思える方法が生き物のしくみを解き明かしたお話をしたいと思います。 からだの中のタンパク質製造工場 DNAはよく、生き物の設計図と呼ばれます。これは、DNAには生...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

母乳を出す牛が誕生、サンマルティン大学

アルゼンチンの研究所が世界初のトランスジェニック牛を誕生させたと発表した。 トランスジェニックとは他の特定の遺伝子を人口的に組み込むことだが、この研究所は牛にヒトの遺伝子を組み込んで、母乳と同じものをつくりだせるようにした。 6/9に、アルゼンチンのNational Instit...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

他人の意見に流されやすい人は・・・-米・ブラウン大学

人生は往々にして、都度都度の選択の連続だ。そんなとき、確固たる信念をもち、常に自分を貫き通せる人もいれば、ついつい他人の意見に左右されてしまいがちな人もいる。中には、自分の信念などはないけれど、敢えて言えば他人の意見には従わないことが信念だというただのへそ曲がりもいるかもしれない。 脳...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

iPS細胞の実用化に立ち込める暗雲 – 米・カリフォルニア大学

受精卵を使わないため、倫理的に問題の少ない幹細胞として鳴り物入りで登場した人工多能性幹細胞(iPS細胞)であるが、最近になって徐々に、その期待感に水を差すような研究結果が出始めている。そのひとつが、カリフォルニア大学サンディエゴ校のTongbiao Zhao氏らによって、Nature誌の5月...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

「ゆらゆら動く」タンパク質が、研究の世界を広げる

私たちの体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。今まで、体の中でつくられたタンパク質は、堅い立体構造をつくって働いていると考えられてきました。しかし最近の研究で決まった立体構造をもたずに働く、型破りなタンパク質があることがわかったのです。 タンパク質の働きをかたちが決める...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

太ると運動嫌いになるわけとは – 米・ペンシルバニア州立大学

たとえば力士など、太っていても、機敏で活発な人たちもいる。だが一方で、一般的に太っている人は、ものぐさで運動嫌いというイメージがつきまとう。これは単なるイメージだけなのだろうか。ヒトの肥満研究のためによく使われるZucker 肥満ラットは、確かに運動嫌いなのだが、5月1日付けで『The Jo...続きを読む