Tag: カリフォルニア大学
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

”コミュニケーションをとる”ナノ粒子 ― MIT

MITの研究者たちががんを効率的に補足する粒子を開発した。その粒子はお互いにコミュニケーションをとるという。 過去10年間、研究者たちはがん治療薬の副作用を抑えるために、がん細胞に直接届く化学物質を開発してきた。しかし、どんなにいいナノ粒子を使っても、わずか1%しか目標に到達していなか...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

癌の理論が疑惑に直面、癌の転移についての主要な解釈は臨床上の証拠に欠ける

癌細胞は、発生過程の細胞に似た状態へと逆行することにより自由に動けるようになり、別の部位へと移動するという考え方が主流となっている。カリフォルニア大学サンディエゴ校のDavid Tarin氏は、今月初めの米国癌学会の年会で、このような考え方に疑問を呈した。 基礎研究においてこの仮説を支...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

iPS細胞の実用化に立ち込める暗雲 – 米・カリフォルニア大学

受精卵を使わないため、倫理的に問題の少ない幹細胞として鳴り物入りで登場した人工多能性幹細胞(iPS細胞)であるが、最近になって徐々に、その期待感に水を差すような研究結果が出始めている。そのひとつが、カリフォルニア大学サンディエゴ校のTongbiao Zhao氏らによって、Nature誌の5月...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

「ゲイの洞窟人」、発見される?

4月6日付けテレグラフ紙の記事によれば、チェコ共和国の首都プラハの郊外で最近発掘された、紀元前2500-2900年頃の男性がゲイ、もしくは特別な性別だったのではないかと話題になっている。というのも、その埋葬法が当時の男性の埋葬法と大きく異なるものだったからだ。 この時代、通常男性は、身...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

1枚のCDに隠されたトロイの木馬によって車が乗っ取られる危険性を研究者ら指摘

photo credit: ttstam 車がより高機能化し、複雑なシステムが組み込まれてきた今、車が、トロイの木馬などのウィルスの標的になってくるかもしれない。しかもカーステレオで聞こうと思っている1枚のCDから。 カリフォルニア大学サンディエゴ校とワシントン大学の研究者は米国科学ア...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

ビタミンDは癌のリスクを下げる-カリフォルニア大学ら

カリフォルニア大学とサンディエゴ医薬研究所、クレートン医薬研究所の研究者達は多量のビタミンDを摂取すると乳癌などの病気の発生リスクが抑えられると発表した。 その量は今まで考えられてきた量よりもはるかに多いものの、健康には問題ないという。 それによれば、成人が乳癌や結腸癌、Ⅰ型糖尿病の...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

アメリカ、ヨーロッパで野生動物の大量突然死!?

新年があけたが、野生動物にとってはおめでたくない事ばかりかもしれない、というのもここ1週間野生動物が大量に死ぬ事態が起こっているのだ。 ルイジアナ州では500羽のハゴロモカラスが死に、スウェーデンではコクマルガラス100羽が死んだ。とりわけ凄いのがアーカンソー州で、5000羽のハゴロモカラ...続きを読む
404 Not Found

Not Found

The requested URL /match/html2 was not found on this server.

脳内マリファナで鎮痛効果-カリフォルニア大学

別名脳内マリファナとも呼ばれるアナンダミドという化合物は、体内で生合成され、マリファナと同様の痛覚麻痺などの生理作用をもつことから、これを末期がんや手術後の鎮痛剤として使う試みがなされてきた。しかし問題は、アナンダミドもまたマリファナ同様、麻薬として脳に効いてしまう点にあった。 そこで今回、米...続きを読む