サイエンス
This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

心筋梗塞、なるなら屋外で?

突然の心臓発作で亡くなる人が年間30万人もいるというアメリカで、最近興味深い報告がなされた。 病院や自宅で心筋梗塞になった人が生還する率がたったの12%なのに対し、屋外でなった人が生還する率は、34%もあるという。約2.5倍の差だ。この差は一体どこから来るのだろうか?最近巷でやたら目に...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

適度な運動が脳の記憶中枢を改善する-ピッツバーグ大学

中高年にとって運動が、記憶力を改善して、痴呆になるリスクを軽減することが出来る。 こうした研究が、アメリカで1年にわたって50歳から80歳のボランティア行われた。彼らには40分のウォーキングを1週間に3回もしくは、簡単なストレッチを定期的に実施してもらい、参加者のヒッポカンポスと呼ばれ...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

喫煙衝動を司る脳の神経回路を発見、タバコ依存から脱する新しい禁煙治療の可能性

タバコに含まれる有毒な成分の1つであるニコチンに、脳の神経細胞の再生を促す効果があることを金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループが先日発見し、アルツハイマー病への治療開発に期待の目が向けられている。 研究者らは「毒を持って毒を制する」というコメントをしているが、今回タバ...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

騒音の激しい道の近くに住んでいると脳卒中で死亡するリスク上昇

photo credit: marcovdz うるさい道路の近くに住んでいる人は引越しを検討するか、音を遮断できる高性能な耳栓を買おう。そうしないと倒れるかもしれない。欧州心臓病学会機関誌の調査によれば、中高年の人々にとって交通騒音が激しい場合、脳卒中のリスクを上昇させる可能性があるという。...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

テキストメッセージはベッドインまで早く導く、その後別れやすくする

画像で見るFacebookの影響力でも紹介したように、ソーシャルネットワークサービスが無視できないほど強大に、そして密接に生活と関連してきた今、人と人との交際方法も代わりつつあるのかもしれない。 Time誌に掲載されている新しい調査結果によれば、深夜のチャットがヒトをより早くベッドルー...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

ビフィズス菌が生産する酢酸が感染防止機能を持つ-理研

理化学研究所、東京大学、横浜市立大学などの研究チームは昨日27日付けの「Nature」誌に腸内菌の善玉菌のビフィズス菌に病原性大腸菌の感染を予防する仕組みをマウスを用いた実験を通して解き明かした研究結果が掲載された。 人の腸内には病気の原因となる悪玉菌や健康維持に必要な善玉菌など様々な腸内...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

食物アレルギーの原因を解明-米ジョンズホプキンス大

食物アレルギーをもつ人でも多くは、そのアレルギーの原因となる食べ物を嫌いなわけではない。食べられるものなら食べてみたいと思っている人も多いのではないか。それでも食べずに済むものならまだいいが、日本人の間でもアレルギー原因食品の第3位にランクされる小麦などは、どちらかというと主食である。欧米人ほど...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

危険を検知すると葉の色が変わる植物を開発-コロラド大学

植物は人を癒したり、人の食料として働いていたが、今は人の命でさえ救うかもしれない。 そんな驚きの植物をコロラド大学のMedrod生物学の教授は開発した。この研究は、PloS ONE誌に掲載されている。 この植物は、特定の化学物質に反応して見た目の色が変わる。植物のDNAの中の受容...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

魚拓じゃなくて人拓をつくる、大人の日光写真あそび

この実験は小学生の時にやった日光写真を青写真用の感光紙を使ってやろうというのだ。それも人間を全身丸ごと転写してしまう。感光紙を公園に持って行き、薄曇りの中で行ったのだが、これが意外と高性能。指先まできっちり写ったのだった。なかなか面白いオモチャを見つけた我々である。 「別におねーちゃんじゃ...続きを読む

This service is Busy Now

This service is Busy Now

Sorry. This service is busy now. Please visit several minutes later.

自制心の低い子供は、将来成功しにくい-デューク大学、ロンドン大学

自制心が欠如している子供たちは不健康で財政的にも苦労を強いられそうだ。 PNASに掲載された論文によれば、ノースカロライナ州のデューク大学のAvshalom Caspi、イギリスロンドン大学のTerrie Moffittとその仲間は1972年から1973年に生まれた1000人の子供たち...続きを読む