サイエンス

ナポレオンの運命を変えた占い

  ナポレオンといえば、みなさんよくご存じの「余の辞書に不可能の文字はない」という言葉を残した軍人として有名であるが、重要な決断の影に深く関わる占い師がいたことはあまり知られていない。 占い師の名前は「アベ」。 ナポレオンは元々イタリアコルシカ島の出身で、イタリア名「ナポレオーネ...続きを読む

植物プランクトンで巨大8の字がくっきり

イギリス領フォークランド諸島の東約600キロの南大西洋上に、大きな8の字を描く植物プランクトンブルーム(プランクトンの花)が出現した。異なるタイプの植物プランクトンが何らかの理由で異常ともいえる増殖を引き起こし、このような青や緑の色が現れたと考えられている。 地球観測衛星Envisatには...続きを読む

細胞レベルでの若返りが可能に

このたび、マウスを用いた実験で、細胞レベルでの若返りの実践が可能であることが明らかになった。幹細胞という、全身の細胞に分化し得る細胞を注射することでできる若返り方法のため、応用範囲が広いと考えられて今注目を集めている。 米国のペンシルバニア州にあるマクゴーワン再生医療研究所のジョニー・...続きを読む

オーストラリア東海岸沖に新種のサメが発見される

クイーンズランド大学の共同研究プロジェクトで、オーストラリア東海岸の広いエリアに生息するサメの異なる種族間においてハイブリッド(交配種)が発見されたと報告されている。 それはメジロザメ科の「オーストラリア・カマストガリザメ」と「カマストガリザメ」である。この2種類はオーストラリアの北部...続きを読む

中国で肉をむさぼり食らうジャイアントパンダの撮影に成功

ジャイアントパンダは、愛嬌のある外見で日本でも永らく親しまれてきた。現在、絶滅の危機に瀕している動物であることや、野生では中国のごく一部にしか生息していないことが知られている。 その野生のパンダが生息する中国・四川省綿陽市において、自然死したターキン(大型のカモシカ)の死骸を食べる姿が調査...続きを読む

双子の月探査船グレイルのミッションとは?

NASAのチャールズ・ボールデン長官は年頭の挨拶として「双子の月探査船グレイルは月と地球の進化に対して認識を深めてくれるであろう」と語った。 NASAの2012年1月1日の公式発表によると、2機のグレイル探査船は月の周回軌道上を航行していて、3月には高度55キロの周回軌道上を回る予定だとい...続きを読む

東日本大震災の津波をくぐりぬけた世界最高齢の野鳥?

平成23年は、地震が引き起こした津波により東日本に多大な被害をもたらした年となった。津波は日本に被害をもたらしただけではなく、4000キロ離れた北西ハワイ諸島に位置するミッドウェイ環礁(サンド島、イースタン島、スピット島がある)のアホウドリ類の繁殖地にも被害(最大で高さ1.5メートルの津波)...続きを読む

岩手県で極めて稀な翼竜の化石が発見される

岩手県久慈市にある久慈琥珀博物館が、翼竜の化石を発見したことを発表した。 今回の発見は、日本国内では6番目で、東北地方に限定すれば初めてのことだという。 発見された化石は、長さは20センチちかくあるものの太さは2センチ前後しかなく、あまり大型の化石だとはいえないが、それでも見過ごされ...続きを読む

眠るヒト、眠らない脳

寝苦しい季節がやってきました。なかなか寝つけなかった夜の翌日、睡魔に襲われて勉強や仕事がはかどらなかった、なんてことはありませんか。こんなとき、睡眠時間が短くても元気でいる方法があればいいのにとついつい考えてしまいがちですよね。睡眠は脳にとって重要な時間といわれていますが、どう大事なので...続きを読む

シリコンウェハー上に「脳」をつくる-米・ピッツバーグ大学

微小区画化されたシリコンウェハー上に細胞を培養する、いわゆる「細胞チップ」は、薬剤候補化合物の大規模スクリーニングを可能にする技術として、近年めざましく発展している。今回、米・ピッツバーグ大学の生物工学者Henry Zeringue氏率いる研究チームは、リング状に削り出したシリコンウェハ...続きを読む