子供の頃、お母さんから「豚は生で食べたらダメ」って教えられたよ。

牛の生レバーの提供が禁止され、レバ刺しファンにとっては、未だにその味を忘れられない人も少なくないだろう。
しかし、その甲斐あって大きな効果が表れているそうだ。

厚生労働省が生レバーなどの提供を規制した前後で、牛の生肉や生レバーを原因とする腸管出血性大腸O157に感染した患者 が4分の1に減っていたことが国立感染症研究所の調査で分かった。

比較したのは、規制前の2007~2010年と、生肉は表面を加熱後に切り取るよう求めた2011年、生レバーの提供自体を禁止した2012年。
生肉か生レバーが原因だった感染者は、2007~10年200人前後、2011年100人、2012年には55人に減ったそうだ。

また、2010~2012年を年齢別にみると、特に発症が多かった子供や若者で大幅に減ったことがわかった。
10歳未満は55人が5人に、
10代は40人が9人に、
20代は55人が20人に減少。
以前から、報告数が少なかった中高年に比べて減り方が大きかった。

一方、厚生労働省では、豚の生レバーも本格的に規制しようという動きが見られている。
飲食店の中には牛の生レバーに代わって規制の対象となっていない豚の生レバーを提供する飲食店が、全国で80か所あったことが厚生労働省の調査で分かった。
豚の生レバーはサルモネラ菌などの細菌が付着し食中毒を起こすこともあるほか、食べた後にE型肝炎を発症し死亡した例も報告されている。
今後、豚のレバーの内部にどの程度、食中毒の原因となる細菌などがあるか調べ、法律で規制する必要があるかどうか専門家会議で検討を始めることにしているそうだ。

牛の生レバー問題のずっと昔から「豚は生で食べたらいけない」って親からもいわれていた。
豚の方が牛と比較にならないくらいヤバいって聞かされていたと思い出す。

今まで規制が無かったのも「まさか豚のレバーなんて生で食うヤツいないだろ?」とわざわざ法律で規制してなかっただけのような気がするが、牛を規制して、豚が規制されていないのなら、豚なら生で食べても大丈夫と思ってしまうのかもしれない。

やっぱり肉は焼いて食べた方が良いと思うのだが…。
これから暖かくなってバーベキューが楽しみな季節になる。
ベーベキューで生肉を食すなんてことしないように、みんな注意しよう!

■関連リンク
・禁止された「レバ刺し」を堂々と販売!? 何のレバー?と驚きの声が広がる。
・さようなら、そしてありがとう「レバ刺し」。禁止へのカウントダウンで店は大賑わい!
・スカイネット 立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.01 豚解剖モデル
・ハイスキー食品工業 マンナンレバー短冊タイプ 20枚入り
・レバ刺しは新たな世界へ たった三泊四日で新しい自分に生まれ変わる方法

レバー Photo By KOPeckr

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド