この2ヶ月で1760回の群発地震!箱根山が噴火の前兆か?

全国に活火山は、110ほどあり、箱根山も、気象庁の活火山に指定されている。
その箱根山がある全国有数の観光地の箱根で、今異変が起こっている。
通年だと1年で250回ほどだが、今年に入りすでに1760回の群発地震が確認されているというのだ。
いずれも、身体に感じない小さな揺れがほとんどだが、多い日には1日で153回もあった。
2月10日には、震度5クラスの地震も発生した。

26日、箱根の上湯地区では、温泉地学研究所による定期調査が行われた。
調べによると、地底のマグマが膨らんで、それに伴い火山周辺も膨張しているという。
だが、火山活動に変化は無し。
2001年にも同じような事があったが、半年後もとに戻ったとのこと。

また、自治体や気象庁など防災機関で構成される「箱根火山対策連絡会議」が開かれ、地震活動の状況などが報告された。
会議では、地元自治体や研究機関、神奈川県警などの担当者が、箱根山で今後、万が一火山活動が活発化した場合に通行止めになる県道や登山道などを確認した。
気象庁では、すぐに火山噴火にはつながらないが、今後も注意深く監視を続けていくとしている。

箱根山が最後に噴火したのは、約3,000年前。
この時に、大涌谷や芦ノ湖ができたとされている。
長い間休んでいた分、噴火時のパワーは大変なものになるかもしれない。

さらに、箱根山で異変が起これば、地盤が続いている富士山の活動にも影響するという。
そんな富士山は、5合目に20〜30mの亀裂が入った事がわかっている。
亀裂は富士山周辺にも及んでおり、その延長上に箱根山があるという。

箱根山の異変は、富士山が先だったのかもしれないが、一方が噴火すればもう一方も、となる危険性を秘めているそうだ。
先日は栃木でも大きい地震があった。
関東近辺の地底で何かが起こっているのかもしれない。

■関連リンク
・東日本大震災の32倍!!マグニチュード10の地震がやってくる?
・いつ起きてもおかしくない?!「アウターライズ地震」の恐怖!
・震源域合体で日本の災害史上類を見ない規模!南海トラフ巨大地震の恐怖!
・東海大地震の前兆か?幻の深海生物「ユウレイイカ」が大量発生!!
・決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法
・被災ママ812人が作った子連れ防災手帖
・2011~2015大地震が再び日本を襲う!
・防災士が厳選!【送料無料 お客様評価4.5以上!】の防災セットB(スマートフォン充電対応micro USB付)
・簡易トイレ 水を使わない非常用トイレ凝固剤 ラビン非常用トイレ60回 汚物袋付き

Bubbly Photo By Brett Jordan

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド