「がん」をもとから絶つ!新療法の開発に成功で再発防止に期待!!

相変わらず日本人の死因の1位は『がん』だ。
がんは、抗がん剤治療で完治したように見えても、『がん細胞』のもとになる『がん幹細胞』がわずかに残っていると再発、転移することがある。
通常『がん幹細胞』は冬眠状態にあってほとんど増えないが、目覚めると『がん細胞』になり細胞分裂を繰り返しながら急速に増殖する。
ならば、「目覚める前に撃退してしまえ!」と思ってしまうが、抗がん剤や放射線治療は分裂中の細胞つまり『がん細胞』を標的にしているそうだ。
ほとんど増殖しないとされている『がん幹細胞』には抗がん剤が効きにくい。

そんな中、九州大学生体防御医学研究所の中山敬一教授らの研究チー ムは、そんな抗がん剤が効きにくい『がん幹細胞』を標的にした治療法を開発、マウスで効果を実証した。

教授らは、冬眠状態にさせるタンパク質『Fbxw7』を発見。
血液のがんである白血病を発症させたマウスで、このタンパク質をつくれないように遺伝子を操作し、『Fbxw7』の働きを抑えると『がん幹細胞』が増殖を始めることを確認した。

つまりは、『Fbxw7』の働きを抑え、抗がん剤が効ない状態の『がん幹細胞』を無理矢理たたき起こして冬眠から目覚めさせ、増殖を始めたところで、抗がん剤で死滅させるという方法だ。

2か月後の生存率は『Fbxw7』の働きを抑えない場合の8倍に増したという。
中山主幹教授は「ほかのがんにも応用できる可能性がある。5年から10年で患者に届くよう薬の開発を進めたい」と話す。
現在、研究グループでは、このたんぱく質『Fbxw7』を無力化する薬を開発中で、がんの根本治療につながる可能性が期待されている。

がんは、例え手術や治療が成功しても、完治したと認められるまで、何年もかかる。
その間、再発や転移の心配は消えない。
今後『がん幹細胞』であるがんのもとから退治できるこの新療法が進めば、患者の精神的不安が軽減されることにもつながるだろう。

■関連リンク
・がん治療に凄腕スナイパー現る!最先端治療が実用化へ
・胃がんの減少を期待!ピロリ菌の除菌治療が保険適用へ!
・自分の体質を知る体質 遺伝子検査キット(DNA検査)「肥満3項目」
・今あるガンが消えていく食事
・<郵送検診>ピロリ菌検査(胃検査)

Sunrise Photo By hjm.dk

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド