製造コストが10万分の1に!厚さ1ミリ以下の『紙の太陽電池』を開発!!

今や太陽光発電はかなり浸透して、パネルを取付ける企業や一般家庭も増えている。
そんな中、大阪大学産業科学研究所の能木准教授らのグループが、木材パルプを原料にした『紙の太陽電池』を開発した。
製造コストは、なんと!従来の10万分の1に抑えられるという。

試作品は縦2センチ、横5ミリ。
厚さは、1ミリ以下で折りたためるため、災害時に被災地でも使える。

太陽電池は、光エネルギーを電気エネルギーに変換する部分(素子)と電気を運ぶ配線、これらを包み込む基板で構成される。
基板は、素子に太陽光が届くように、透明なガラスやプラスチックを使うことが多い。
しかし、能木准教授らは、木材パルプの繊維を厚さ15ナノメートル(ナノは10億分の1)と超極細にして透明にすることに成功し、これを基板に使った。
さらに、素子には一般的に使われるシリコンなどではなく薄い膜状になる有機物を、配線には細い銀のワイヤを用いたのだ。

その結果、電気の変換効率は3%と、家庭の屋根に取り付ける一般的な太陽光発電パネルの10~20%より低いが、製造コストはガラス基板の約10万分の1、プラスチックの500分の1~5000分の1になる。
製造方法も、これまでの加熱して配線を基板に付ける方法から、圧力を加える方法に改め、消費エネルギーを少なくし、コストも安い。
まだ素子が水や酸素に触れると劣化し、発電できなくなる性質の改善課題があるため、実用化は数年後を目指し、レジャーや超薄型電子ブックなどさまざまな用途に対応していきたいとのこと。

太陽電池は、太陽光発電システムの中心で、太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。
その構成単位によって『セル』『モジュール』『アレイ』」と呼び方が変わる。
『セル』は、太陽電池の基本単位、太陽電池そのもの。
『モジュール』は、ソーラーパネルとも呼ばれ、セルを必要枚配列して、屋外で利用できるよう樹脂や強化ガラスなどで保護し、パッケージ化したもの。
『アレイ』」は、モジュール(パネル)を複数直並列接続して電力が得られるように設置したものだ。

しかし、太陽電池は、電池という名前がついているが電気をためる機能は無い。
今後『紙の太陽電池』と蓄電機能が連携してくれたら、さらなる有効活用ができるかもしれないのだが…。
欲をいえば、あとは変換効率の改善か?
研究者のみなさん、ぜひ実用化までこぎつけてくれることを願っています。

■関連リンク
・まさに逆転の発想!イギリスの会社がCO2から燃料をつくり出す方法を開発!
・世界初!火力発電のCO2排出量をほぼゼロにする『CCS』とは?
・地熱発電が熱いぞ!今こそ日本のポテンシャルを発揮するのだ!
・東日本大震災の32倍!!マグニチュード10の地震がやってくる?
・史上最強カラー図解 プロが教える太陽電池のすべてがわかる本
・安心・信頼の国産ソーラーパネルでポイントも貯まる!楽天ソーラー

PhotonSynthesis to recharge phone Photo By miocapitano

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド

Comments are closed.