対策は今が超大事!インフルエンザ患者が急増中!

各地でインフルエンザが猛威を振るっている。
全国約5000か所の定点医療機関当たりのインフルエンザ患者報告数が、12/31~1/6の週は3.91人で、前週の3.35人から増えたことが15日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。

昨年10月下旬から増加が続き、12月中旬には全国的な流行入りの指標となる1.0人を超えており、同センターでは「12月中に定点当たり報告数が1.0人を超えた場合、翌年の1月中旬以降に本格的な流行が到来するシーズンが多い」として注意を呼び掛けている。

定点当たり報告数を都道府県別に見ると、患者は36道府県で前週から増えた。
群馬の15.01人が最多。以降、茨城、福島、栃木、沖縄と続く。
沖縄でもインフルエンザにかかるんだ?と驚きだ。

おもに、東日本で報告数が多いが、鹿児島県や愛媛県などは、幼稚園や小学校で学級閉鎖も。
例年、新学期の始まりとともにインフルエンザ流行が拡大する傾向にある。
子供がかかり、家庭で親に感染。発症に気づかず人混みや、会社で蔓延。
という感じに、全国的に本格流行する。

芸能界でもお笑い芸人などがインフルエンザでダウン。
人生で初めてかかったという芸人もいて、病院の先生曰く抵抗力がある人はインフルエンザでも熱が出ない事もあるらしいので、何かおかしかったら病院へ!
と注意を呼び掛けた。

まだインフルエンザにかかっていないなら、感染拡大を阻止するためにも、予防は今が一番大事なのだ!
もちろん、予防接種を受けるに越したことはないが、どうにか受けずに済ませたい…
そのためには、下記の4つを心がけると良いらしい。

・ドアノブや手すりにも菌が!うがいと手洗いで防御
・咳の射程距離は2メートル!しかし都心では人混みは避けれない…せめてマスクで防御
・ウイルスは乾燥がご馳走!湿度50~60%(厚労省)で防御
・お茶などビタミンCで抵抗力を万全に!バランス良い食事と睡眠で防御

特に暖房を付けた場合、乾燥が増すので加湿は必須だ。
加湿器が無い場合、濡れたバスタオルを室内に掛けておくだけでも効果があるそうだ。
これでも万全ではないので、心配な場合はやはり予防接種を。

一方、ノロウイルスの患者数は3週連続で減り、今季のピークを越えたとみられることが国立感染症研究所の調査で分かった。
しかし、感染研ウイルス第2部の片山室長は「ノロウイルスのピークは越えたが、例年、1~3月に小さな流行が再度来るので油断は禁物」と話している。

■関連リンク
・世界初!東大研究グループがiPSで免疫細胞の若返りに成功!
・「草食」高齢者に告ぐ!高齢者こそ「肉食」になるのだ!!
・クレベリンゲル 150g【HTRC3】
・ダイキン(DAIKIN) 加湿空気清浄機「うるおい光クリエール」 バニラホワイト TCK55M-W
・【在庫有/即納】ダイニチ ハイブリッド式加湿器最新モデル 洋室14畳まで HD-RX512プレミアムブラウン
・【1億5千万枚突破記念セール!】【非常用】3層プリーツフェイスマスク50枚(箱入)【花粉・ノロウイルス対策】

Jack’s 2nd Birthday Photo By dmealiffe

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド